« 踏切 | Main | 体の声を聴く »
展示会「リーバイス」




リーバイスの展示会に行ってきました。

今回のテーマは「journey to south」

ロスからメキシコを目指して、男女2人で南下していきます。

旅の友はカマロ。

持ち物は最低限必要なものだけ。

リーバイスのデニムさえあればあとは何とかなる。

そんな感じ。


会場には赤のカマロがあり、道路のカンバンや信号、ヤシの木、はたまたモーテルのベッドやスーツケースまであって旅する気分を増させる。


「journey to south」は、10月末に行われたイベントと連動しているテーマで、実は先日ロスで撮影していたのもリーバイスさんのお仕事だったのです。

「journey to south」のムービーは、来年頭から店頭やwebにて見ることが出来ます。

短時間の中に、個々の独立した楽しさや自由を感じる仕上がりになりました。



注目のデニムですが、
メンズにはかなり個性的なラインが揃っていて、
ロスでキャスティングした男の子のモデルも、
「アメリカのリーバイスではこんなの見たこと無いけれど、どこで買えるの?!」と、絶賛してくれました。

レディースは、女の子過ぎないラインがリーバイスらしくて、誰かに依存していない精神を持っている感じが良いです。

私個人としては、
デニムは薄めで柔らかくストレッチが少しきいてる細身のものか、
センターパーツが入っているようなちょっとテーラードっぽいもの、
あとはやっぱりオーバーオールのバリエーションが来シーズンは履きたいかな。




*下記アドレスにて
オリンパスのデジタルカメラ「μ1050SW」の取材記事掲載中。
http://www.veritacafe.com/item/081029/vol01.html
 2008/11/30 10:15  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/225



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。