« TOP SHOP/TOP MANが上陸していた | Main | 気分は外科医 »
衆院解散総選挙は6月か11月



今日の「虎8」は必聴なのでブログアップ。


少し前の軽減税率騒動とは裏腹に、消費税増税凍結が濃厚になってきた。

ということは、年内に衆院解散総選挙があるということになる。
(前回選挙の公約違反になるので、増税凍結の場合は民意を問う必要がある為)


青山繁晴氏の読みでは、衆院解散総選挙のタイミングは、
5月の伊勢志摩サミット以降、早くて6月の国会会期末か、
遅くても参院選の後の11月とのこと。

この解散総選挙は、戦後初「世界が注目する選挙」になるという。
伊勢志摩サミットの議題は「世界経済の立てなおし」であるが、
アベノミクスはそのカギを握っていると各国が認識している。
そのアベノミクスが継続出来るか、腰折れするかが、この選挙に関わってくるからだ。

11月には米大統領選もある。
先日のMini super Tuesday でのトランプ氏圧勝に関する青山氏の話も面白い。
虎8

さてどうなるだろう?
 2016/03/17 14:10  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2153



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。