« ウニ獲り風景 初公開 | Main | カワセミの巣を発見! »
鴨せいろそば in ニュージーランド



ダックを飼い始めてからなぜか鴨肉をよく食べるようになった。

島で一軒だけのお肉屋さんにたまに鴨肉が置いてあるので、
見かけると旦那さんが買ってきてくれる。

私のお気に入り料理は「鴨せいろ」!
日本でもおそば屋さんに行ったらだいたいこれを食べている。

私が鴨肉を食べる機会と言えばこの「鴨せいろ」のみだった。

けれどこの国に来てからは、
レストランのメニューでDuckの文字を見つけると食べることにしている。

鴨肉がこんなに美味しかったなんて〜〜

ちなみにうちのダックは、
「Buff Orpington Duck」という品種なのだけれど、
かなりの大型になるので、食用としても向いている。

もちろんうちの子達は食べたりせずに(卵は戴きます)、
最後までペットとして仲良くしてもらおうと思っているのだけれど、
彼らを見ていると、たまに「あ〜美味しそうだなぁ」とも思っている自分がいて笑える。

彼らがふるふると尾っぽをふるたびに、
あそこにはあのほっぺたが落ちそうなほど美味しいダック・ソースが詰まっているのだよなぁとか、ダック様の美味しさが脳裏をよぎることも(笑)

初めてうちに来たあの子達は、
最初のうちは小屋の中に隠れていることがほとんどで、
そのうち、小屋の前にある池で泳ぎ始め、
ダック・エリアを囲っている金網の外に出ることが出来るようになってからは、
ほとんどダック・エリアには戻らず、一日中外で過ごしている。

その外の活動エリアも、
人間の私たちの活動エリアをじーーっと見て観察し、
ちょっとずつちょっとずつ足を伸ばして行動範囲を拡げてきている。

足が短いので大きな段差は超えられない。
だからある程度彼らのルートが予測できる(今のところ)。

今日は初めてダイニング側のデッキに来ることが出来た。
今まではデッキに降りてくることは無かったのに、
今日はついに家のすぐそばまでやってきた。



ここまで来るには彼らなりに、
丘を越えて山を越えて、という感じなのだ


ちなみに、写真後ろの階段は降りてこられないので、
左側の花壇エリアの斜面を降りてきて、
段差の少ないところからデッキに着地したと思われる。

きっと自分たちが来たルートを覚えていないと思うので、
(ちなみにメスは2回くらい往復すると覚えることが出来るっぽい)
手のひらに何か美味しいものを持っているフリをして誘導し、
また花壇エリアに彼らを戻した。

デッキには日陰が出来ないし、フカフカの場所もない。
このまま放っておくと、初めての場所で迷子になったダックがパニックになるとあれなので、彼らが飽きる前に対処

やがてルートをきちんと覚えて自由に往復出来るようになるだろうけど、
それまでは私と旦那さんが不在の時はデッキに入れないようにしておこう。

ダックたちは葉っぱという葉っぱをどんどん食いちぎっていくので、
ここまで来るのが常態化するならプラントの置く場所を工夫しなければならない。

子供の行動範囲がどんどん広がって目が離せない親の気分




 2016/02/28 06:45  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2148



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。