« 緑の完熟トマト | Main | NEW KIWIS »
ニュージーランドのバター


「ルイス・ロード・クリームリー」再び。
例の、行列ができる「チョコレート牛乳」以来、
すっかり、「ルイス・ロード・クリームリー」にはまっている私です。

ニュージーランドは放し飼いの牛がたっっくさんいるので、
バターは良質で安価です。

500gNETでだいたい$2.50くらい。

いつもはスーパーで一番安いバターを買っているのですが、
お気に入りの八百屋「RAW」で、
「ルイス・ロード・クリームリー」のバターを発見したので、
早速買ってみました〜

相変わらずパッケージのセンスがよい。

青の文字の包みは、減塩バター。
赤の文字の包みは、無塩バター。

お値段は、250gNETで$5.45なので、
普通のバターの約倍です。

「アルティザン・レンジ」と「プレミアム・レンジ」の
2種類あるらしいのですが、
さすがは「RAW」。
特別感のある「プレミアム・レンジ」しか入荷させていません。

ミルクを絞る小屋から出てすぐに、
トラックなどでどこか遠くに運ばれたりせずに、
絞りたてをハンドメイドでバターにしている。

通常の牛乳は、各牧場で絞ったミルクを、
日本で言えば「雪印」さんなどのメーカーの工場にトラックで運ばれ、
パッケージング、加工生産などされます。

つまり、他の農場のミルクと混ぜられてしまうのです。
これはおそらく日本も同じでしょう。
牧場主さんによっては、
牛に手間ひまかけてより良い環境や良質なエサを与えても、
最終的に、絞った牛乳が他社のものと混ぜられてしまっては、
その良さを消費者に伝えることができないと思っていることでしょう。

けれど、「ルイス・ロード・クリームリー」は、
そのすべての工程を自社工場だけでこなし、
パッケージ・デザインから、卸先まで、
きちんとコントロールされていることが大きな違い。

よって、製品はブランド化し、特別な製品となっていくのです。
もちろんそこには味と品質という、確かな裏付けが存在してこそなのですが。

ニュージーランドでは、
朝市や青空マーケットなどにいくと、
賞味期限がうんと短い手作り無添加バターなども出回ります。

無添加バターは3ヶ月ほどでカビてきます。

けれど、均質化されたスーパーのバターと違い、
味がさまざまで、このミルクを提供してくれた牛の環境に思いを馳せながら食べることが出来ます。

「ルイス・ロード・クリームリー」のバターは、
通常のバターよりも少し柔らかく、スコッチ・バター・キャンディのような甘い匂いが少しあり、味には複雑な深みがあります。
この濃厚なバターをたっぷり塗ったトーストは絶品!
ファンになりました

乳業の「ルイス・ロード・クリームリー」の情熱から生まれた製品たち。
オーガニック牛乳やチョコレート牛乳、バター、クリーム、
これらにしばらくはまりそうな気配

そして、次々良い製品を仕入れてくる「RAW」に、今後も注目です。
 2015/02/25 02:54  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2003



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。