« モンベルの偏光サングラス | Main | お水大好きなハイビスカス »
上下水道の無い場所に暮らすということ



さて今年も雨が降らない夏がやってきました〜。

ちょっとした計算違いで、
目算より早くタンクの水が枯渇した。

この時期は雨がまったく降らないので、
人々はお水を”買う”。
お水を配達する会社は、海洋深層水をくみ上げているので、
雨が降らなくても沢山のお水のストックがある。

上下水道が通っている地域では、
水道代を支払うことによってお水を買っているわけだけれど、
おそらく普段はそういう意識があまりなく、
ある日突然お水が無くなる心配をする必要が無いと思う。

タンクのお水が完全に無くなった日の前日、
予約している配達日まで持たないと判断した私は、
まず予約日を早められないか確かめたが、
予約がびっしり埋まっていて早めることはできなかった。

違う配達会社に電話したところ、
ラッキーなことに翌日来てくれるという。
そしてその翌日の朝、タンクのお水は完全に底を突き1滴も出なくなった。

数日前からかなりの節水生活をし、
畑や植木への水やりも制限してきた。
それでもやはり足りなかった。

タンクの水が完全に空になったのは初めて。
水の貴重さを改めて実感した次第。

我が家のタンクは5000ガロン。
約2万リッター入る。

今回入れたのは1500ガロン。
これではタンクの1/2にも満たないので、
1週間後に予約していた2500ガロンのお水をキャンセルせずに、
連続注水してもらうことに。

4000ガロン入っていれば安心だし、
1000ガロンの空きがあるので雨が降って溢れ出す、
というもったいない事態にもならない。

お水の配達は2月3月になってくると、
1ヶ月先まで予約が一杯になったりするので、
ある程度目算して早めに予約していたけれど、
居住人数が変わったり、使うペースがそれぞれ違ったりで、
なかなか計算するのが難しい。。。

次の3月の予約まで水が持つのかどうか、
再び計算し直す必要がありそう。

お水、ほんと〜〜〜に大切ですね。
 2015/01/28 08:51  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1995



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。