« 謎のハーブの正体見つけたり! ウマゴヤシ | Main | ネコの貢ぎ物 »
冒険・漂流・上陸


ある晴れた土曜日、
「今日は絶好のボート・フィッシング日和りだー!」
と、意気揚々と海に出た私たち。

今週末は、レイバー・ウィークエンドという3連休で、
予想を超えた数のボートやクルーザーやヨットが海に出ていた。

目的のフィッシングポイントである小島目指して進むも、
どういうわけかエンジンから煙が。
あまりよろしくない、ということでエンジンを止め、
しばらく海面を漂っていたが、
沖の方を大型船が通過するたびに波が立つので、
このままでは船酔いしてしまう、と思った私は、
100mほど先に見えている浜に上陸させることを提案。
2人でオールを使って漕ぎ無事に上陸。

今まで、ボートランプと呼ばれる、
カー・トレイラーに積んだボートを、
そのまま海に出せる便利な専用ランプからしか出し入れしたことなかったので、
こんな風に、海からどこかの浜辺にアクセスしたのは初めて。
海底が岩場だと乗り上げられないので、
近づける陸地はそれなりに限られている。

けれど、ワイヘキ島にはプライベート・ビーチみたいに、
陸からはアクセスしにくい小さな浜辺がたくさんある。

その浜辺でしばらくピクニックし、エンジンが冷えるのを待つ。
出発したボートランプまで手こぎで戻るとなると、1時間はかかる。
目的地の小島はすぐ近くにせまっていたが、
そこまで漕いで、釣りをして、また漕いで帰るとなると、
相当な体力を要する。

そのまま帰るか迷って、
とりあえず、小島の砂浜に上陸出来るかどうかだけ確かめよう、
ということになり、2人で浜から漕ぎ出した。
ある程度沖まで出てから試しにエンジンをかけると、なんと始動した!
とりあえず何かはおかしいのだろうけれど、壊れてはいないらしい。

フルスロットルを避け、ゆっくりと小島へと向かった。

そしてめでたく上陸!
徒歩で先着してこの釣り場で釣りをしていた友人と合流!
エンジンはしばらく冷やして、だましだまし動かせば、
帰りもなんとかなるかも、ということになり、
私は小島でサヨリを狙い、
旦那さんは、ボートから鯛かシマアジを狙うということで、
当初の予定通り分かれて釣りをすることに。

それから3時間ほど釣りを楽しみ、
帰りは友人も乗せて3人!
エンジン始動!動いた!
帰りもフルスロットルを避け、ゆっくりボートを進ませる。

ボートランプよりも150mほど手前でエンジンが停止。
よくここまで頑張ってくれた、と感謝。
そこからは旦那さんと友人が手こぎで無事に帰着!

釣果としては、
私は予期せぬ大物に針を2つ取られ(というか私の糸の結び方が甘かった)、
目的のサヨリは群れがあまり来なかったというのと、
自前の仕掛けがイマイチだったので、何も釣れなかった。

旦那さんが40cmくらいのシマアジを釣り、
友人がかなり大きな鯛とカーワイを釣り、
さらにサヨリを8匹ほど釣っていたらしく、それを私にくれた!
ありがとう〜〜〜!!!
持つべきものは釣り友。

念願のサヨリ!
その夜、透明な魚肉のサヨリを、お刺身、フライ、お寿司にして食べました。
当たり前だけれど、この魚は買えない。
たぶんキウィ(ニュージーランド人)は食べないのだろう。
こんなに美味しいのに。

同じくワイヘキでは釣る以外は手に入らないシマアジを、
お刺身、カマ焼き、お寿司にして食べた。

冒険して疲れたけれど、すっごく楽しくて肴として楽しめて、
やっぱりやめられな〜い!釣りなのです。
次回は、もっともっとサヨリが群れでやってくるスポットに、
準備万端でリベンジ!
今の時期のサヨリは大きくて太っていて美味しい!
旬のものは旬のうちに。

海と空、そしてボートに感謝。

 2014/10/26 06:01  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1971



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。