« 土地を巡るよもやま話 | Main | 冒険・漂流・上陸 »
謎のハーブの正体見つけたり! ウマゴヤシ


このことについてどこから語ろう。。。

まず初めは、やはりここからかな。
雑草(よく言えば野草?)まみれだったうちの庭。
そもそも芝生が生えていたかどうか謎のこの場所(2年前)。



日本からニュージーランドに来る度、
草が腰まで伸び、大変なことになっていた庭。
まるで原っぱのようになってしまったその庭の草刈りをしていると、
地面に茶色くてトゲがつている螺旋状の物体が多数落ちていた。

私は、触ると人を刺す”トゲトゲ虫”だと思い込み、
触ってしまった瞬間思わず悲鳴を上げてしまった。
辺りを見まわすと、おびただしい数のトゲトゲ丸が落ちている!
キモイ!!
ここを綺麗な青い芝生エリアにするんだ〜と夢見ていた私は、
こんな虫が大量発生するなんて嫌だなぁと思っていた。

(絵を見つけました。コレです。虫に見えますよね??)


しばらくは、
このトゲトゲ丸が私が見ていない隙に丸まっている状態をやめて、
地面を徘徊している妄想に怯えていたが、
あるときあれが虫ではなく、植物であることを知った。

しかもハーブで、なんと毎朝自分が飲んでいるお茶の中に入っていたのだ!

そうとわかったら、
あのトゲトゲ丸の実をならせる植物の正体を知りたいと思い、
雑草をかきわけあの実が成りそうな植物を探しまくった。
けれどその時はぜんぜん見つからなかった。

そして今年の春。
あの雑草庭も、美しい芝生エリアに生まれ変わり、
「隣の野草空き地」と、「うちの芝生エリア」という具合に、
きっちり区分けされている。


その「隣の野草空き地」と「うちの芝生エリア」との境界線近くに、
シロツメクサに似た、マメ科の植物が旺盛に生え始めた。

最初は放置していたのだけれど、あまりの勢いなので、
そこに多種多様な野生の花の種を蒔きたかったというのもあり、
ザックザックとほとんどをハサミでカットしてしまった。

それから1ヶ月ほどしたこの初夏。
ついに発見!!
あのカットしてしまったシロツメクサに似た植物の生き残りに、
まだ青いトゲトゲ丸が成っているではないか!
「あー!この子に成る実だったんだぁ」と納得するのと同時に、
またもやハーブと知らずに大量殲滅してしまった・・・と反省。

それにしても、この植物の花は小さくて可憐。
あの花にこんな実が成るなんて誰が想像できようか?

ということで、この植物の名前を知るために、
さっそくネット上の野草図鑑で調べた。

その名も「ウマゴヤシ」
英名「Medicago polymorpha」

このウマゴヤシは、ベータカロチン、各種ビタミン、クマリン、フラボン、
イソフラボン、アルカロイドなどの成分が豊富に含まれていて、
呼吸器系・消化器系・免疫系などの各症状に対する効能があるとされているが、
全ての効能が科学的に証明されているわけではないとのこと。

馬が肥えるくらい栄養豊富なのだから、
とりあえず、この植物を見つけたら見守ることにする。
そしていつの日か知識を得て利用出来るようになったら収穫させて頂こう。

例年、10月と11月はニュージーランドにいなかったので、
ずっと発見することが出来なかった。
やっと正体を知ることが出来た。

やっぱり春って素敵だ。
あらゆる生命が動き出すとき。

 2014/10/22 05:47  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1970



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。