« ミミズの王子 | Main | 段々畑の果樹たち »
ラベンダー満開


今週にはいってから、
「あ、今日から初夏だ」と感じる日があり、
日中の晴れている日は、肌に痛いあの真夏の日差しを感じるようになった。

10月11月にニュージーランドにいるのは初めて。
足元を見ると、たくさんの見たことのない野草が花を咲かせていました。
毎日敷地内を歩き回るたびに新しい草花の発見があり、
四季折々の息吹があるんだなぁと実感。

写真のラベンダーはほぼ1年中咲いているので春に限ったことではないのだけれど、
ここはもともと雑草がはびこり、
ネコの通り道になっていて、その糞尿のニオイに満ちていました。

そこにこのラベンダー2株を植えて1年半。
まだ小さかったラベンダーもかなり大きくなり、
私の計画した、通路にラベンダーの香りを香らせるようになるまであと少し!

この若いラベンダーの向こう側には、
かなり樹齢のいったラベンダーが2株ある。
この雰囲気がすごく気に入って、
この1画は、通るたびにラベンダーの薫る場所にしようと決めたのでした。

ラベンダーは非常に乾燥に強い。
古株のほうは水やりなどほとんどしなくても、
雨の1滴も降らない真夏を乗り切っている。

けれど、もちろん水をきちんとやれば、
もっともっと大きくて色鮮やかな花を数多くつけてくれる。

ここ1ヶ月で種蒔きした野菜たちもつぎつぎ発芽し、
水やりがかかせない時期になりました。

このラベンダーも、
その向かいに咲いているローズマリーの花も、
野草の花々も、果実のポリネーター(受粉を助けるミツバチなど)を惹きつけてくれる。

蜜が沢山あるところにはポリネーターも沢山あつまり、
受粉も容易になる、という私の素人考えもあり、
果実畑の近くにも野草の花の種をせっせと蒔いている私です。

リンゴの白い花も咲き始め、
果実畑の未来の姿を想像してワクワクがとまらない初夏です

 2014/10/16 03:50  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1967



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。