« 2012ヴィンテージワインでホスピス援助! | Main | Total eclipse of Blood Moon 2014 »
ワイヘキに新フェリー就航


オークランド・シティとワイヘキ島を繋ぐフェリー。
これまでこのサービスを独占してきたFullers(フラーズ)。

そのFullersにライバルが登場した!

「New Zealand tourism operator Explore Group」が就航する、
「DOLPHIN DISCOVERIES」だ。

今まで1時間に1本のフェリーだったのが、
この新会社が入ることにより、30分に1本になる。

年々、ワイヘキを訪れる観光客が増えている中、
特に夏のハイシーズンには、1度の船に人が乗りきれないので、
ピークの時間帯には同じ時間に3本も船が出ていた。

私が引っ越してきた頃にはこんなことはなかった。

シティから1番近いリゾート・アイランドとしての注目が、
どうやらますますワイヘキ島に高まっているみたいだ。

コンペティションするなら、
通常ならFullersよりもチケット代を少し下げてくるのが常套手段だけれど、
この国のことだから、同じ値段かもしれない。

この国にはデフレ・スパイラルはぜったいに訪れない気がする。
今までだって究極のニュージーランド高だったのに、
還元セールなど一切無かったし、輸入物は相変わらず高額だし、
生活必需品もとことんインフレ。

消費税だって高額だし、国としては好調なのではないでしょうか。

まぁそんな経済話しはおいておいて、
島民としては、この船の就航は、嬉しいやら胸騒ぎがするやらで不思議な心持ちです。

私はFullersの、1往復分無料になる10トリップチケットをいつも買っているのだけれど、当然このDolphin Discoveriesには使えないと思うので、
そちらはそちらで同じようなチケットを買うことになるのだろうなぁ。

いずれにしても、シティからやってくる観光客にはチョイスが増えるわけで、
嬉しいニュースだと思う。

あと、なんとなくだけれど、
Dolphin Discoveriesのほうがサービスその他が洗練されていそうな雰囲気。
船の色とデザインだけでの印象なんだけれど(笑)
 2014/10/05 04:29  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1964



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。