« 秘境好きにお薦めの散歩コース | Main | アーティストの住む家 »
我が家の謎


ワールドカップが始まり、
毎朝4:00から昼頃まで観戦、
午後はランドスケープと、
毎日毎日ルーティンのように過ごしていたら、
すっかりブログ更新が滞ってしまった。

最近、引っ越してきてからの課題である、
ポフトゥカワの大木の下のエリアをトロピカルガーデンにすべく、
毎日はりきって造園業にいそしんでいる。

大木の下が大好きな私は、
真夏の強い紫外線をさえぎって、やわらかい光を届けてくれるこの場所に、
さまざまな形態のお庭構想を夢見ていた。

あれからはや3年。

最初からトロピカルガーデンに決まっていたわけではないけれど、
つい最近、ここにヤシの木を何本か植えようと思いついた。

というわけで、この大木の下で作業することが多いのだけれど、
まえまえからちょっと「?」と思っていたちいさな発見が、
近頃最大の疑問になったのでブログに書き記したいと思う。

実はこの大木のかなり上空から謎の木の実が落ちてくる。
というか、以前からこの実が落ちているのをよく見かけていたし、
遊びに来た友人からも「この実はなぁに?」と聞かれてもいた。

そのときは気にもかけていなかったけれど、
なにが謎って、ポフトゥカワの木にはそんな実がならない、ということだ。
しかも樹齢数百年という感じのこの大木よりも高い木は周囲にはない。

最近頻繁に木の下にいる私は、
この実が落ちてくる瞬間を見た。
大木の下に木製ベンチを置いてあるのだけれど、
その上に、カツン!と割と高速で物が落ちてきてぶつかる音が響き、
みると例の実が転がっている。

上空を見あげると、どう考えてもポフトゥカワの中心部、
それもかなり上から落ちてくるようだ。

しかもその音がなんだかとっても当たると痛そう。

一度、落ちたばかりの実をすぐに手に取ってみた。
するとなんと!ほんのり温かいではないか。
しかもなんとなく甘い匂いがする。
まるで誰かがまわりの果実だけ食べてそれを捨てたみたいに・・・

誰かってだれだ?
考えられるのは樹上で暮らす何かの動物、
例えばリスとかポッサムとかが上げられる。

けれど、リスもポッサムも見たことが無い。
ポッサムに至っては害獣指定されていて、
ワイヘキ島にはもしかして1匹もいない可能性が高い。

となると、鳥?とも思ったけれど、
特に鳥の気配も感じない。

なぜ誰かが落としていると思うかというと、
風が強い時に実が落ちてくるのではなく、
どちらかというと風のない穏やかな日に、
あるとき思いついたようにカツン!と落ちてくるから。

あきらかに何者かの意志を感じる。

この実、地面にほっておくと表皮が次第にジェリー状になっていく。
その後どうなるかわからないけれど、
土に埋めておいたら謎の実がなんの植物の種か分かるかもしれない。

今日はその実をカットしてみた。
木の実にしてはとてもやわらかい。



なんでしょうね?

妖精のいたずら、とかいう展開だったら楽しいのだけれど。


 2014/06/30 13:08  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1937



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。