« 鏡のような水面 | Main | 秘境好きにお薦めの散歩コース »
CODINA


先月、東京から島に遊びに来てくださったご夫妻から、
100%ピュア オーガニックコスメを頂いた。

ニュージーランドにもオーガニックコスメと呼ばれるものは沢山あるけれど、
日本にいると、世界中の素晴らしい製品が手に入るのだなぁ、
と、また改めて実感した感じである。

戴いたコスメは「CODINA」という、
フランスのロワール地方で、1994年に誕生したブランド。
この「CODINA」の小さな工房のお話をご夫妻から聞くと、
ひとつひとつ丁寧に手作りされ、いろいろなエピソードから、
まだまだ商業ベースに乗っていないのが伝わってくる。

そんな愛情こもった製品を1ヶ月使わせて頂いたので、
その使用感などを少しご紹介したいと思います。

まず、日本でもここ数年でぐっと注目度が上がった、
「アルガンオイル」について。
アルガンオイルは、モロッコのみに生息するアルガンツリーの実から採れる。
生命力が強く、「モロッコの黄金」とも呼ばれているそう。

「CODINA」のアルガンオイルは、
独自の伝統技術で圧縮搾油し不純物を取り除いて純度を高めている。
余計な香料も入っていないので、
おそらくこれがアルガンツリーから採れたオイル本来の匂いだろう、
と思われる、強烈な匂いがする。
最初、何かの排泄物かと思うほどのインパクトだった。

けれど、その驚きも、肌へつけたときの浸透力の高さのほうが脅威的で、
あっという間に匂いの強烈さを凌いでしまった。

わたしはフェイシャルに使うオイルをどのタイミングで使用していいのかわからなかったのだけれど、化粧水をつける前に使用できるということで、洗顔後すぐにこのアルガンオイルを使用した。オイルは、あっという間に肌に染みこみ、やがて素晴らしい保湿力を発揮した。

これは使える。

そしてもうひとつ、私の基礎化粧品には馴染みのない、バタームース。
これは、ホイップ状のクリームで、水分と空気を多く含んだ、
ふわっふわのテクスチャー。



非常に少量しか入っていないのだけれど、その理由が使用してすぐにわかった。
手にとって、その体温で溶けたムースは、のびるのびる。
ものすごくのびるので、ほんとに少量を手に取らないと、
顔だけでなく、もったいないけれど体にも伸ばすはめになる。

結論。

洗顔後、アルガンオイルをつけ、バタームースを少量つけるだけで、
十分な保湿力を確保できる。
たとえば、ちょっとした旅行で、荷物を軽くしたい時などに、
この組みあわせは完璧なのではないかと思う。
なによりシンプルで、必要最低限という感じがよろしい。

もうひとつ、ARクリーム(茶色いフタ)というのも使わせて頂いた。
湿度のある時期には、ムースではなく、アルガンオイルのあとにこちらのARクリームをつけるのがいいかも。

メイクアップをしっかりする必要がなく、
つまり過度な化粧落としや洗顔の必要がないナチュラルな生活、
朝起きて、アルガンオイルとARクリームだけをつけ、
あとは日焼け止めだけをつけて外に飛び出す。

なんだかそういう自然と寄り添っていく生き方をこの「CODINA」は感じさせる。できることなら基礎化粧品もどんどんシンプルにしていきたいので、
シンプルながら、しっかりお肌の栄養補給ができる理想的なセットだと思う。

ニュージーランドでは手に入らないのがとっても残念・・・。

 2014/06/17 07:13  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1935



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。