« 生えはじめた芝生 | Main | 大型低気圧という名のいわゆる台風 »
SHED (小屋) 作りな日々


今週の頭から、朝晩にかけてよく雨が降るようになってきました。
雨季の到来のようです。
植物の水やりも天にお任せの時期となります

気温も同時にかなり涼しくなってきたこの頃、
ガレージ横にシェッド(小屋)作りを始めました。

こういうものはビルダー(大工さん)に頼むものだと思っていた私だけれど、
旦那さんが作ってみる、ということで、
2人で製作開始!

DIYセンターに注文してあったシェッドのパーツを引き取りに行き・・・
(この時点ですでに不安になる私・・・)

まずは木枠からスタート!
これが、想像を超えて大変で、何度も打ったクギを外し、
またフレームを並び替え、なんか違う!となってまたクギを外し、
と全部で3回はリセットしました。。。
もはや、建てているのか、壊しているのか、分からないねと大笑い。

2日目にしてようやくフレームだけ完成。
きわめて脆弱なこの木枠を、シェッド設置予定地までなんとか運ぶ。
フレームだけだとグラグラして、翌朝倒壊していたなんていうのは困るので、
なんとか2面壁を打ち付けて2日目終了。

ここで、旦那さんが本土にしばらく行くことになったので、
その間、私はペンキ塗り!


もともと色つきの小屋が良かったけれど、色つきの小屋を注文すると、
色無しよりも$500近く高かったので色無しにしたのでした。

でもそれで正解でした。
そして製作がさっさと進まなかったのも、色を塗りたい私にとっては良いことでした。
なにしろ好きな色に塗れるし、さっさと完成していたら、
色がきちんと塗れない部分が出てきてしまっていただろうから。

雨の様子を見ながら地道に色塗り。

週末には旦那さんのお友だちが島に遊びに来てくれて、
ちょこっと小屋作りを手伝ってくれました。
コツを掴み始めた旦那さん&男性2人ということで作業時間が半分に!

壁が1周ついて安定感がかなり出ました



ここでまた旦那さんが本土にお出かけしたので、
その間私はペンキ塗りの仕上げを。
ベースの色はチャコールグレーだけれど、
外側のフレームやドアなどは白にしたかったので、
白いペンキでそれらパーツを塗りました。
いつ雨がふってもおかしくないので、作業はすべてガレージの中で行いました。

完成するのが楽しみ!
 2014/04/16 15:23  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1915



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。