« 骨まで透明 | Main | 島でスペインを感じるレストラン »
種を採って次に繋げる


何か育てるのに、
種や苗をいつも買ってくるのではなくて、
果実や花から種を採り、それを撒き発芽させ、
再び次の収穫&種の採取、というサイクルが実は望ましい。

市販では売っていないトマトを貰ったので、
これを機会に、再生可能サイクル菜園を目指してみることにしました。

まずは種の採取。
しっかり保存して、来春に撒いてみようと思う。

実はワイヘキ島は、いつ撒いてもだいたい発芽する不思議な気候の場所。
なので、ランダムな発芽実験もして、
季節を問わない菜園が可能かどうかも実験したい

熱帯でもないけどバナナが収穫できるこの島、
期待大です


 2014/02/28 07:12  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1889



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。