« 電気の修理系 | Main | 田舎カフェと温泉 »
最近のランスケ
ファッション業界はニューヨーク・コレクションに突入したようですが、
私はというと、
わりと短めになっているワイヘキ島滞在中、
雨の合間をぬって、メインデッキ下の北側斜面を段々畑にすべく開拓中です

この北側斜面は、引越当初、つる性植物がはびこるジャングルだったのです。
ちなみに写真があります。

2年前。階段の先が今開拓しているエリア


1年前。階段と、その右側エリアだけなんとか綺麗に。


そして今年、ついに階段の先のジャグルを切り開きました。

切り開いても、急斜面なうえに右側と更にその奧がジャングルなので、
写真だとイマイチ分かりづらいですが、
だいたい25畳くらい切り開いたのです。


そしてここに、フルーツ畑を作ろう!と思いつき、
日本での昔ながらの風景にある、
石積みの段々畑を作ることにしまた。

まずは平らな部分を作るべく、土をひたすら掘る!
たくさんのミミズやら昆虫の幼虫やらが犠牲に
なるべく救出しながら作業したのですが、
かなりの数をチョップしてしまったように思います・・・。

1段目が完成。ここは通路になるので、
泥に靴がはまらないように、バークチップを敷き詰める。


2段目&3段目は、大きな木の根っこに何本もあたり、
かなり苦戦したのですが、
一部を残してどうにか取り除き、本日3段目まで完成!

下から見た図。
竹の目印棒の下が4段目エリアになる予定。
去年はジャングル過ぎてこんな風景見ることもできなかったな。


石積み用の石はちょっと遠い駐車場エリアにあるので、
その石を運ぶ往復に、腰と膝が砕けそうになったので
とりあえず今週はここまで!

残り、4段目と5段目は、
今回の3段分の倍の広さがあるので、
意識の中で ”楽勝!"というモードに入ってから着手しようかな(汗)

今週は、他のエリアもかなりやったので、
満足度高し!
そちらもまた別ブログでBefore & Afterしたいと思います。

これからは、デッキ横の階段を降りた先の景色は、
うっそうとしたジャングルではなく、
段々畑があるかと思うとテンションが上がります

ネイティブ・ツリーを護りながら(伐採禁止)の開拓なので、
完全な平地に出来ず、
フルーツの木に必要な日照量が確保出来るかどうかわかりませんが、
とりあえず、何かしらは育てたいなぁと思っています。


 2013/09/07 13:58  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1835



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。