« ラベンダーと多肉植物の壁 | Main | シーフード・フェスティバル »
アートの島「ワイヘキ島」のアートフェスティバル


ワイヘキ島、オネロアの町では、
いま「Summer Sculpture Festival」というものが行われています。

日本でいうと箱根の、「彫刻の森美術館」のように、
アートが町やビーチに展示してあります。

半年に一度の車検のために、オネロアに行ったのですが、
そのせいか、ツアー客も多く、町は朝からにぎわってました。
いつも行くお気に入りのカフェ、WAIも満席。



イタリアのアートの祭典最高峰、
2年に一度の「ヴェネチア・ヴィエンナーレ」を見にヴェニスに行ったことがあるのですが、
あちらは3日間やそこらじゃ回りきれないほどの規模で、
ヴェニスの町中のほぼすべてがアートと化すのですが、
オネロアの町は小さく、目抜き通りも短いので、
WAIでお気に入りのレモンシロップパンケーキを食べた後、
19点展示されていると記事で読んだ作品を探してみることに。



が、しかし意外にすぐに見つけられず、
このアートの前でフランス人の観光客が持っていた、
どこにどのアーティストのどんなアートが展示してあるかわかる、
フェスティバル・ガイドをどこで手に入れられるか聞いてみました。



自分たちのツアーのガイドさんから渡されたということで、
私は簡単にはゲットできず。。。
インフォメーションセンターを探す時間も無かったので、
通り沿いだけをさーっと探してみました

見つけられたのは、以下のアート。






ビーチ沿いにも置いてあるというアートも見たかったのですが、
タイムアウト。また近々トライしたいです。

そして、今日25日から2月17日まで、
ワイヘキ島ではまた別のアートイベントがスタート。

headland Sculpture on the Gulf 2013」です。



こちらは、もっともっと私の好みで、
海沿いのトレッキングコース約2.5kmの大自然の中に、
30人のアーティストの作品が展示してあるそう。

コースのゴールはこのエキシビジョンのパビリオンなのですが、
そこには、ワイヘキ島のヴィンヤードからセレクトされたワインやオリーブのテイスティング、アーティスト・トークセッション、DJライヴなどが用意されています。

ワインテイスティングや、ランチ、ライトディナー、
そしてワイヘキ島のミュージシャンによるライヴや、
アーティストとのトーク・セッションなどがパッケージになっていて、
ネットから予約も可能になっています。

私はこういうエキシビジョンが大好きなので、
これは、ぜひとも参加したい感じ

アーティストが数多く住むワイヘキ島、やっぱりワクワクの島だ
 2013/01/25 02:56  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1783



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。