« 車検待ちの優雅な時間 | Main | 最近のランスケ成果 »
NZで最初のマカロン


昨日の月曜日は、
昨年の6月、私が初めてニュージーランドに家探しに来たときに、
とってもお世話になった友人ひろえさんが、
フランス人の旦那さんとオープンした、
パティスリー・カフェにおじゃましてきた。



フレンチ・パティシエ、
ギョームさんの作るパティスリーは、
ニュージーランドのスィーツには無い、
フレンチらしい繊細さに溢れ、
すごく可愛くて美味しい。

もともとは、
カフェやレストランへの卸し生産だったのだけれど、
業務の拡大に伴い、
大きいキッチンをシティから少し離れた場所に移設したことが、
カフェを開くきっかけとなった。



場所は、
ベンツやBMWなどのショールームがある、
ちょっと工業地区っぽいところにあるけれど、
車でわざわざやってくるお客さんは、
スーツをきちんと着用した、
素敵な方々が多かった。
男性も、コーヒーとパティスリーをテイク・アウェイていく。

実は、ma cherieのマカロンは、
マカロンがニュージーランドに無かった数年前に、
ギョームさんが初めてニュージーランドに上陸させたもので、
彼がオーストラリアの番組、
マスター・シェフなどに出演した経緯もあり、
ブランドとして名前が定着しつつある。

1年前からすると、
かなり業務が拡大していて、
ウェディングやバースデー・パーティに、
マカロン・タワーは人気を博している様子。

そんなマカロンの中で、
ニュージーランドならではの味というと、
やっぱりフィジョア。
このフルーツは私はこの国に来るまで知らなかった。

新しいものが定着しづらいこの国で、
日本では高級スィーツとしてあっという間に広まったマカロンを、
ひろえさんとギョームさんが作っているのがとても嬉しい。



色も綺麗で可愛いマカロンは、
幸せがぎっしりつまっている

ma cherieのサイトはこちら
ma cherieのFace Bookでは、
新しいスィーツの紹介もされているので、
”いいね”してみてください
 2012/07/31 12:36  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1693



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。