« アンナ・デッロ・ルッソ × H&M | Main | i文庫 読書のススメ »
世界遺産でのファッション・ショー


5/12 土曜日
京都 「東寺」にて
「ファッション・カンタータ2012」が開催された。

前回の東本願寺に続き、
世界遺産でのファッション・ショー。

ブランドはクロエ。

私が携わった時間はほんのわずかで短い間だったけれど、
プロジェクト全体はかなり前からたくさんの人々が動き、
小さな積み重ねから作り上げられている。

当たり前のように、
本来一般には入れないお寺内部を控え室に使わせていただいたり、
すべて整えられた状態で、今回のショーに参加させていただいたけれど、
千年近くの時を越えてきた建物に、
あのような大人数の人々に出入りを許し、
煩悩の固まりのような私たちの言動を、
静かに流し、ありのままで居させていただいた懐の深さに、
あとからただひたすらに頭がさがる思い。

東寺では、今、
五重塔の内部が特別拝観できる。
そのような時期に本イベントがあたったことに感謝。

中の4体の如来様にご対面させていただいた。

内部の梁や壁画、
わたしの一生では想像出来ない年月を越えてきたそれらを、
ただただ仰ぎ見る。

静かにそこにあり、
時をそれほど長くは越えられない私たちを、
ずっと見つめてきた。

ふと、建物と建物との間を、
さーっと駆け抜けていく時代絵巻を見たような感じがした。

先人達が確かにそこにはいて、
今は、現代の衣服を着たモデルたちが歩いている。
またさらに何十年、何百年後には、
どのような人々がこの建物を見つめ、
どのような扱いになっているのか。

わたしたちも僭越ながら先人になっていく。
そう思うと、
後世の人々に恥じられるようなことをしたくはないな、
と強く思った。

世界遺産でやるショーの意義。
私なりに見つけることができたかな。




 2012/05/15 22:00  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1656



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。