« ゲンテン エターデ トートバッグ | Main | 庭造り ビフォア&アフター »
未知とのかかわり


1月最後の日、そして本日上弦の月。
今日はおひつじ座の月なので、
月が見えるところにおひつじ座があり、
そのすぐ左にうお座があることがわかる。

この家から見える星空は抜群で、
毎晩オフィスの窓から南十字星と流星群を見ることが出来る。

先週の火曜日から始まった雑草との格闘。
これは私にとって真に未知とのかかわりだ。

この家に引っ越してきたばかりの頃は、
庭に足を踏み入れるだけで虫に刺されていたので、
私にとっては、あまり近づきたくない未知の荒れた場所のようだった。

けれど、畑を作り、
ランドスケーパーに依頼して舗道を造る作業に着手してから、
あの恐怖の雑草は、
今となってはすべて私のコントロール下に入った。

家をぐるりと取り囲んでいる樹木の下に入り、
下草をどんどん伐採していく。
しかもすべて手作業。
もちろんお金を払って雑草取りをプロに頼むことも出来るが、
自分でぜんぶやって本当によかったと思う。

ほとんど野生の庭を、
おそれず、大地を露わにしていく作業で、
未知だったものが私の世界の一部となった。

蜘蛛や蛾、初めて見る小さな多数の昆虫たち、
地面近くにも、顔にかかってくる木の枝にも生息している、
かつてはおそれの対象だったそれら無数の生物を受け入れることが出来た。

腕の上や首の上に落ちてきてようが、
草取りの間はまったく気にならない。

いくつかの道具をあやつり、
雑草を伐採していくだけで、
雑草のタイプにも詳しくなってくるし、
さまざまな対処法も学んだ。

そして何よりの収穫は、
顔以外の、ほぼ全身の運動(指の先まで)により、
体がかなりシェイプされてきたことだ。

毎日筋肉痛になるが、
筋肉痛を更なる労働で迎え撃つ。

ふだんなかなか使わない背筋などは、
草刈りの作業などもってこいのエクササイズだ。
そう思うと妙に喜びが増して、
雑草取りは毎回やりたい!と思うようになった。

体重も3kgも落ちた。
ワイヘキ島でもスポーツクラブがあるが、
そこにお金を払って通うよりも、
日々のガーデニングでかなり体が締まると思う。

自分自身から干し草の匂いがする労働。
ほんとに悪くない
なんだかたくましくなった気がする。

今宵もよく寝て明日も朝から続きをやる。
まだまだやることはたくさんある。

この奉仕、かみさまに感謝
 2012/01/31 16:25  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1622



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。