« キノコ出現 | Main | このバッグ欲しい! »
何かを静かに待つということ


今週はずっと東京で、
会いたいお友だちの家に2泊ずつくらいで連泊している。

昨日の撮影が終わって、
明日の講義が終われば一段落。

仕事と友人たちと過ごす時間を良いバランスで保てて、
以前より、自分の精神的にはすごく穏やかで、
大切な何かをひとつひとつ丁寧に取り扱っているような感じがする。

先月から、
これをやったら次これ、その次はこれ、
とテンポ良く処理してきたから、
なんとなく駆け足だったような気がするけれど、
以前と決断の出し方が少し変わってきたような気がする。

決めていく事柄の種類として、それが大きくても小さくても、
そのときいちばんしっくりする答えが自分の中になかったら、
それが自然とやってくるまでじっと保留にして待つ、
という、チョイスのペースをうまく調整する、
というようなことが自然と出来ている気がする。

もともとせっかちなので、
答えはいつもその場で出してきた気がするから、
今の、こういうやり方はすごくこれからの未来に合っている気がする。

もちろん、仕事などにはタイムリミットがあるから、
おしりはきちんと決まっているのだけれど、
それさえも、しかるべき尺の中でしかるべきタイミングで、
出すべき納得のいく答えがどこからともなくふと現れている気がする。

この方法がとれるというは、
今後の自分にはすごく大切な能力な気がする。
何かを静かに待つ、ということ。
流れの中に定点を持つ感じと似ている。

どこからともなく流れてくるワクワクを、
じっと待ってがしっと捕まえるのだ
 2011/10/21 07:43  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1552



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。