« そして誰もいなくなった | Main | アドレナリン噴出 »
空に太陽が2つ輝く時


昨日、NHKプレミアを見ていたら、
天体ものの番組がやっていて、
ペテルギウスという星の死が間近で、
しかも、肉眼でその星の死を確認出来るという。

地球から肉眼で星の死を確認出来るなんて、
10万年に1度だという。

ペテルギウスは、
冬の星座、オリオン座の左上端にかがやく赤い星。
誰もが小さい頃慣れ親しんでいる星だ。

その星の死が間近にせまっている。

もしもペテルギウスが爆発すると、
地球上どこからでも、昼夜にかかわらず、
その際に発せられるガスの明かりを目視できらしい。

最初は青く、次第に赤くなり、
4年後に完全に闇の中にチリとして散らばる。

ペテルギウスが爆発すると、
空には太陽と同じくらい輝く青い光があり、
それはまるで2つの太陽があるように見えるはずだ。

そんな光景はSF映画のなにものでもない。
小説「1Q84」のように月が二つ浮かんでもおかしくない気さえしてくる。

ペテルギウスが爆発するタイミングは、
2012年とも言われているが、
天体学者にとっては、
爆発の瞬間というものが大事であり、
できれば、爆発の兆候をきちんととらえて発表し、
どこかで目視されはじめて、twitterなどで広まる前に、
一番最初に世界に報道したいらしい。

肉眼で目視出来るだけに、
一般の「目」の数から言って、
そしてtwitterやfacebookの速さもあるだけに、
専門分野の筋から一番に発表するのは意外と難しいのかもしれない。

そう思うと、
現代のメディアにとっては、
すっぱ抜きのライバルは一般人も対象なのかも

それにしても、
空に太陽以外で太陽並にまぶしい何かが、
自分が生きている間に見られるとは。
なんだかすっごく嬉しい。
楽しみだ
 2011/08/31 07:39  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1523



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。