« 本日の収穫 | Main | 翻訳サイト »
ブレンダ・デーヴィス博士


昨日は、
恵美子さんに誘われて、
来日中のブレンダ・デーヴィス博士に会ってきた。

私はブレンダ・デーヴィス氏のことはこれまで知らなかったけれど、
臨床医師であり、ヒーラーであもある彼女の活動を、
今回知ることが出来て良かった

アフリカのザンビアに孤児を育てる農園を持つデーヴィス氏。
そこでの活動は今まで写真付きできちんと公開されたことはなく、
そこに住む子供達やそこで大人になったすべての人々の許可を取って、
今回初めて私たちにザンビアでの暮らしが公開された。

農園の近くには、
カバや、バッファローや、ライオンやシマウマなどが行き交い、
まさに大自然。

デーヴィス氏の農園を訪ねて何十キロも裸足で歩いてくる子供達。
靴も無い彼らが足に靴の絵を描いて、
精いっぱいのフォーマルで彼女に面接に来る青年など、
たくさんのお話をブレンダならではの語り口で聞くことが出来た。

エイズで両親が亡くなっている孤児がたくさんいるザンビア。
そこに、フライパンと寝袋とコップだけで出向いた彼女。
そして彼女に必要な協力をしてくれる人々が次々と集い、
態勢が整えられ、最初の4人の孤児がやってきて、
今の農園が出来上がった。

椅子に座って教育を受けるというシステムさえ知らない子供達の、
戸惑った様子の写真がとってもとっても可愛かった。

何かをしないといけないからではなく、
そこでの生活をワクワクしながら送ること、
そこから出る波動が周囲に希望をもたらせていく、という奉仕の形。
実際に誰かの助けになることが、
自分にとってワクワクしていることがとっても大切。

ブレンダと2度ハグをしたけれど、
思ったとおり、芯から温かいエネルギーがあふれ出ていて、
たくさんたくさんそのエネルギーを受けとってきた。

誘ってくれた恵美子さんありがとう。

写真は左から、
恵美子さんの旦那さんダディ、私、ブレンダ、恵美子さん、里沙さん。
ブレンダの波動のおかげか、みんな良い感じの笑顔が揃った



 2011/07/31 08:45  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1511



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。