« 昨日の撮影 | Main | 日本の向かう未来はどっちか? »
気仙沼に物資を送ってくださいpart2
今回の東日本大震災で、
多大なる支援を行われていることと思います。
感謝いたします。

自治体から孤立しているために、
大手企業からの支援も行き渡らない場所があります。
乳幼児をかかえるママさんや妊婦さんも沢山いて、
ミルクや体を拭くものなどが足りていないようです。

義援金以外に、
直接被災者に支援をしたいという方は、
下記に送っていただけると幸いです。

少しでも構いませんので、ご協力頂ければ幸いです。


クロネコヤマト便で、
〒988-0311
宮城県気仙沼市本吉町風越23−1
風越コミュニティーセンター
風越地区の皆様 受取責任者 佐藤久美 宛
0223-74-8111

*4/1現在、配送ルートが復旧し上記住所まで直接届くことを確認済みです。


〇水
〇お野菜や果物等(根菜とか保存がききそうなもの、調味料)
〇身体をふくウェットティッシュなど
〇ドライシャンプー
〇下着靴下類

水は水質のよい地域の水道水でも構いません。
塩素が飛んでしまうため、煮沸せずに容器に入れて送ってください。

昨日3/29の時点で、電気に加えてガスも開通したようです。
脱インスタント食品のために、
日持ちのするお野菜、調味料、缶詰などを次は送るつもりです。


送ってくださった方へ。
確実に被災者の方にピックアップしていただくために、
先方に、
発送日、伝票ナンバー、どこから、内容、
を伝えていこうと思います。
下記メールに上記内容をご連絡を頂けると幸いです。
seri_emi@me.com
また、先方の受け取り確認が出来ましたら、
出来る限り折り返しその旨を私の方から返信いたします。

早い段階からご協力頂いたみなさま、
ほんとうにありがとうございます。
細いけれど、温かく深い繋がりです。
現地のみなさんも自立出来るようにあらゆることをされてるそうです。
出来る限り応援出来ればと思います。

ツィッターをやっていらっしゃる方へ。
@suzuno123 さんが、
直接気仙沼の方と連絡を取り合っています。
もしも、必要な物資の状況など、
お尋ねしたいことがあれば、フォローしてみてください。
 2011/03/30 08:52  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1454



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。