« インカインチナッツオイル | Main | ナイスなフルーツボウル »
家の中の怪奇


衣装探しの合間にちょっとブレイクしてブログアップ。

天気が良くて気持ちよい。
写真の猫は、知人宅のファーちゃん。
床暖房が気持ちよいのか突然このポーズ。
かなりうけた。

ファーとはまったく関係ないけれど、
最近、我が家のトイレで不思議な現象がおきる。

最初は「なにか、音がするな」という感じだったけれど、
今朝なんかはその音がだんだん大きくなっている気がして気になる気になる。

どんな現象かというと、
トイレに入るときに、電気を点けてドアを開けて中に入る。
その扉をくぐる瞬間に「ピン!」という金属音がするのだ。
はじめは、ドアの蝶つがいとか、電気のスイッチの音だろうと思っていたのだけれど、
試しに、電気をつけてからドアを開けて、
しばらく待ってから扉をくぐるとまた「ピン!」という音が。

明らかに私が扉を通過するときだけ鳴るのだ!

この「ピン!」という音をたとえると、
手榴弾のピンを抜くときの音とか、
ジッポライターのフタを開けるときの音に似ている。
何か、弾いている感じの音。

で、さらに怪奇なのが、用足し1回に付き1回しか鳴らないということ!
音が聞こえたから原因を突き止めようと、
何度か同じ条件で扉をくぐってみても何も音がしない。

また数時間後の忘れた頃に用足しにトイレに行くと、
はっきりクリアに「ピン!」となるのだ。

最近だんだん耳が良くなってきていて、
テレビの音とかかなり小さくなっている私には、
この「ピン!」がよぉ〜〜〜〜く聞こえるのだ。

私にだけなのか、他人にも聞こえるのか、
友達が遊びに来たときにでも試してみたいと思う。

ファーちゃん、解決して〜。

 2011/01/28 14:04  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1406



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。