« まもなく | Main | 本日のお仕事 »
質素な暮らしでエイジング・コントロール


乾燥があまりにもすごくて、
なんだか目の周りのシワ的なものが気になるこの頃。

アンチエイジングという言葉が出てきてから、
もうだいぶたつけれど、
見た目の年齢は、肌だけでなく、
その人そのものが持つオーラだったり、生き方だったり、
まぁ服装だったりと、
いろいろ複雑な要因があるようです。

長寿、というより、
心も身体も若々しく、ということに興味はある。
あと病気が嫌いだから健康オタクでもある。
でも運動はちょっと苦手。

ただ、長寿と若々しさというのは細胞レベルでは関係しているらしく、
長寿遺伝子Sir2が発見され、
この遺伝子は普段はオフになっていて、
環境を変えてスイッチをオンにすると活性化するらしい。
酵母菌での実験では、
菌に与えるカロリーを低くすると長寿遺伝子は活性化する。
カロリーを6割に抑えたマウスの寿命は、通常の1.3倍!

あともう一つ。
テロメア。
これは細胞内にあり、遺伝子を守る役割をしている。
テロメアが無くなるとDNAが傷つき細胞の機能が衰え老化が進むらしい。

ロンドンで1000人以上の女性のテロメアを調べたところ、
太っている人はそうでない人よりもテロメアが10年分短く、
タバコを吸う人、運動をしない人もテロメアが短くなるのが早いことが分かったらしい。

テロメアが短くなってくると老化も進む、
ということで、
今からでもテロメアちゃんを守りたい!と思ってしまった。

老化の大部分は環境によって決まり、
非喫煙者で運動をする人は衰えにくく、
摂取カロリーの低い動物は長生きする、
という仮説が成り立つらしい。

運動・・・・・。
これが最大の難点。

歳を取るのは自然なこと。
歳を重ねる「加齢」と、
衰えていく「加齢」とは別物。
衰えの「加齢」を遅くする鍵は、
「食事」「運動」「生き甲斐」だそう。

「食事」に関しては質素なのがベストそうですね。
これはエコだし経済的にもお得。
長い時間をかけて食生活は改善してきているので、まずまず。

「運動」以外はほぼクリア!

私としては運動にも大きく幅があり、
鼓動が激しく打つ系の運動は、
かえって寿命を縮めている印象があるので、
そこまでいかない緩い有酸素系の運動を心がけたい。

ということで、原点はやっぱりウォーキング、ハイキング系、
ということになりそうです
探検散歩をしてみよう。
 2010/11/28 09:05  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1352



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。