« マドンナ | Main | ロシアとのビジネス »
エカテリーナ2世とマリー・アントワネット
来週はいよいよロシアでのコレクション。

3月はショーの本番とそのコーディネート、
そして出張が立て続きあまり時間が無いというのに、
ロシアの代表的な女帝の1人、
「エカテリーナ2世」の伝記漫画を読み始めました。

おかげで睡眠時間は削られましたが、
エカテリーナ2世という女性の生き方には学ぶところが多くありただただ感心するばかり。

時代が近いということもあり、
マリー・アントワネットとエカテリーナ2世をどうしても比べてしまうのだけれど、
この2人まったく生き方が違う!

同じように幼くして王室に嫁いだというのに、
それぞの目に映る景色はまったく違っていた。
女性として生きることを存分に楽しんだマリー・アントワネットは、
愛する人や家族と過ごす事を自分の世界の中心に置いた。



一方、エカテリーナ2世は愛を自分の世界の中心には置かず、
彼女の視点は「近くのさざ波より遠くの水平線」といったように、
自分が頭に描いたロシア帝国を築き上げる為に、
勉学を始めとしたあらゆる努力を重ねる。



この漫画を読んでみて感じたのは、
日本における最近の傾向は、
マリー・アントワネット的な生き方が主流のような気がする。
映画「マリー・アントワネット」からも分かるように、
女の子のお姫様的願望を存分に満たしている。

果たしてロシアの女性とはどんな感じなのでしょう?
来週〜のロシア出張でそれを存分に研究してきたいと思います!
 2008/03/20 01:04  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/13



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。