« 3 | Main | Black Cherry »
食物アレルギーの意外な原因&ルート
NHKをたまたま見ていたら、
かなり興味ある番組がやっていた。

「あさイチ」という番組内での「あさドク」というコーナー。
今朝の特集は「食物アレルギー」。

私はあまりアレルギーはなく、
というかたぶん、アレルギーは1つか2つで、
湿疹程度の範囲内なので、普段はほとんど気にしてないのだけれど、
周囲にはわりと深刻なアレルギーを持つ大人もいて、
まぁ気になる話題ではあった。

けれど、この番組を見て、アレルギーの常識が変わりました。

大人になってから突然なるアレルギーの原因が、
実は、皮膚や粘膜の炎症した部分から侵入した食物が、
「異物」と判断され、その食物に対する抗体が生成されてしまうかららしい。
すると、次の摂取からヒスタミンが生成され、発疹になるという。

手荒れや傷ついた口腔内、
胃腸の炎症、それらバリアーの壊れた部分から食物が侵入し、
「異物」と判断されると、抗体が作られ次からはその食物に対し、
いわゆるアレルギー反応が出るという。

調理師さんとか、いつも同じ食物を集中して調理したりする方にも発症しやすい。
たとえば、水を使うことで手荒れが起き、
大量のジャガイモを剥いているときに傷口や荒れた皮膚から感染。
それが「異物」と判断されると、
ジャガイモを摂取するごとに体中に抗体が散らばり、
次第にアナフィラキシーなどの重度のアレルギー症状などにつながる。

なので、大人のような後天性の場合、
皮膚や粘膜に炎症が起きない生活を心がけることが大事らしい。
と同時に、「異物」と判断されないのが大事なのかも。
この「異物」と判断する基準がよく分かっておらず、
おそらく疲労やストレスや体調不良など、
体の免疫が弱っている時に「異物」判断がされやすいのではないかと、
私個人としては思っている。

わたしの中で思い当たることが。
それはオレンジアレルギー。
もちろんそんなの昔は持っていない。

けれど、オレンジの製油が入ったオイルをお風呂で使用した時に、
皮膚に刺激を感じかゆくなったことがある。
冬で足のスネに乾燥によるひび割れが出ていて、
オイルのお風呂で潤いを与えよう、というのが裏目に出たようだ。

おそらく乾燥でバリアーの壊れた足のスネからオレンジの成分が侵入し、
うっすら抗体が作られたらしい。
体の疲れもあったのかもしれない。
その後再びオレンジのオイルを使ったら、
今度は全身に小さい発疹が出来、
さすがにオイルのせいだと気づき、使用を中止。

普段オレンジはほとんど食べないけれど、
おそらく食べるとアレルギー反応が出ると思う。
なぜなら匂いをかぐとなんとなく喉の奥がかゆいからだ。

一度こうなるとほとんどその抗体が無くなることはないらしい。
なので不便な食生活にならないようにアレルギーの原因を作らないよう心がけたい。
でも、原因とルートが解明されたことにより、
かなり気をつけることができそう

ちなみに、
妊婦さんが妊娠中に小麦粉や卵や牛乳を摂取しても、
赤ちゃんがアレルギー体質になることはなく、
特にそれを避ける必要はないそう。
ただ授乳によって母胎が摂取していた食物が乳児の体内に入ることは、
微量ではあるがあるそう。

乳幼児の場合は「食べて治す」という治療法が最近あるので、
まだ望みはある。
この「食べて治す」という方法は、
摂取し続けることによって治す新しい方法で、医師の密接な指導が必要だし、
保険の適用外なので、
卵や小麦のように食べ物のほとんどに入ってしまっているものの克服に有効だと思う。
避けるのが難しい食物のアレルギーは、
お金をかけても治すほうが食事ライフが楽しいかも。

あ〜久しぶりに参考になる番組を見た。
これ、みんな知っていたほうがいい情報だと思う
 2010/08/26 08:53  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1269



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。