« 「バーバリー・プローサム」のコート&ライダース #MMC | Main | 「レイチェルの結婚」 »
「GUCCI」のバカンススタイル

引き続きミラノ・メンズ・コレクションから。

「ディー・スクエアード」「エンポリオ・アルマーニ」
「エルメネジルド・ゼニア」「グッチ」より。

「ディー・スクエアード」は、
「アメリカン・ジゴロ」がテーマらしく、色使いが綺麗な伊達男風。
でもそこに少しプレッピィっぽさが混ざって、
TOO MUCH SEXYというわけではなく、
現代風なジゴロという感じ。
タイトスリムなシルエット。

「エンポリオ・アルマーニ」は黒!
マッチョでタフで、そこにセクシーさが沢山盛り込んである。
前ボタン全開で、こうやって着られるのは胸板厚い男子だけ。
もっとも肉体美を全面に出しているファッション。
そして、レギンス使い。ちょっとアスリートな感じ?

「エルメネジルド・ゼニア」は、やっぱりスーツが美しい。
スーツだったらこのブランドを着ていて欲しいと思ってしまうほど。
細身でクリーン、でも洗練されていて柔らかさもある。
私は、ジゴロやセクシーさを全面に出した男性よりも断然ゼニアのスタイル派かな。

そして「グッチ」!!
相変わらずバランスが最高。
ロック・バンドのメンバーがバカンスに出かけたスタイル。
(しかもU.Kロック?)
これを見て思った。今シーズンはタイトな首巻物がちょっと復活かも。
サングラスをもってして完成型なんだけれど、
これは老若問わず、スタイルに気遣っている男性に売れそう。
ばらしてもトータルコーディネートでも今シーズンのテイストが出せる。
レザーのジャケットはバンドマンというコンセプトからなのか、
バーバリー・プローサム同様に重めのアイテムと軽めのアイテムのバランスが良い。
色味もナチュラル・カラーで取り入れやすい。
あと短パン。このアイテムが今シーズンどこまで巷で見られるのか期待。


from 「Dsquared2」


from「Emporio Armani」


from「Ermenegildo Zegna」


from 「Gucci」
 2010/06/29 10:21  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/1217



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。