« 前へ | Main | 次へ »
2017全米小売業協会年次総会・早わかり
15日日曜日から3日間に渡って全米小売業協会(NRF)年次総会がニューヨークで開催された。小売業界の今後を占う上で重視されている総会に、今年は3万5,000人が参加、同時に開催されたエクスポには業界関連サービス企業(コンピュータハードウェア、ソフトウェア、システム開発、ロボット等々)500社以上が出展した。
さて今年もいろいろ面白い話が聞けた。押さえておきたいアメリカ小売業の流れを拾ってみた。

@タイトルから消えたオムニチャネルやモバイルコマース
80を超えるセッションのタイトルからオムニチャネルやモバイルが激減した。重要度が減ったのではない。「やっているのが当たり前」になったからである。どのオムニチャネルリテーラーの事例でも、オンラインの売上シェアは上昇している。
一方で、オムニチャネル戦略はシステムや専門スタッフへの投資負担が重いことから、いかに早く収益に結び付けるかが重視され始めている。効率よく実施し、迅速に効果をあげるための投資先の絞り込みも始まっている様子だ。

@イン・ストア・エクスペリエンス(店舗経験)
どの講演でも「店舗経験の向上」の必要性が繰り返し説かれた。一昨年あたりは「店舗の将来はエンターテインメントかフルフィルメントか」という議論が多かったが、今年はエンターテイメント、わくわくする店舗、と言った漠然とした話ではなく、ニューテクノロジーを活用した店舗ショッピングの利便性の向上(試着時に背中側も見えるメモリーミラー、別のサイズや商品を試着室からリクエストしたり購入もできるスマートミラー、セルフチェックアウトなど)にフォーカスした話が多かった。
ハイテク活用の店舗経験というと昨年まではヴァーチャルリアリティが注目を浴びていて、VRゴーグルを顔面に装着して様々な可視的経験を楽しんでもらう、というストーリーだったが、今年はトーンダウンが見えた。ホリディ商戦中グーグル、フェイスブックを始め多くの企業がショッピングモール等でデモ・イベントを開催した結果、新鮮味が薄れた、ということもあるし、ゴーグルがかっこ悪い、という意見もある。何より、おもしろさという主観的な価値の提供よりも、もっと具体的な結果を出しやすい領域にIT投資を集中させる傾向にある。全般的に、アマゾンの利便性を店舗でも提供できないか、という流れが見え始めている。

@マスパーソナライゼーション
商品からマーケティングまで、3Dプリンター等テクノロジーを活用したパーソナライゼーションの話が随所で聞かれた。商品分野では今更のように島精機の編み機がNRFラボで最新パーソナライゼーションマシーンとしてフィーチャーされていた。日本が誇るモノ作りの先端性が、実はアメリカの小売業界で全然知られていなかったという事実を改めて見せつけられた思いであった。

@ヒトのレベルアップ
NRFは総会初日に「ライズアップ (RISE UP=Retail Industry Skills & Education)プログラム」の開設を発表した。新人教育研修プログラムで、職場で15分程度の短い時間でも実施できるような内容だ。終了証書の発行も行い、業界の最前線の人材レベルアップを図る。立ち上げ時には21社が参加、ウォルマート、クロ―ガ―、ホームデポ等小売業界最大手だけでなく、メーシーズ、ニーマン・マーカス、ブルックスブラザーズ、アンダーアーマー、ヴェラ・ブラッドリー等ファッション業界も多く参加している。アメリカの店舗スタッフのレベルの低さには定評があるが、彼らがオムニチャネル戦略のボトルネックになる場合も多く、ここへのテコ入れだ。

@ディスラプション(破壊・混乱)とトランスフォーメーション(変換)、イノベーション(革新)
どれもすべてのセッションの講師が1回以上口にした言葉ではないだろうか。総会中毎日8時間、丸3日間この言葉を聞いていると、ついつい日々の売上や在庫に一喜一憂してしまう小売業者も、否応が無しに変換を考させられるのではないだろうか。

(写真)「小売マーケターにとっての新たな通貨とは」セッションより。左からザ・ストア社グウェン・モリソン氏、ニーマンマーカス社ジェル・ローゼンフェルド氏、ホームデポ社デイヴィッド・アボット氏
 2017/01/24 01:05  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

平山幸江(ひらやま・さちえ)

アメリカ小売業コンサルタント

1993年よりニューヨークを拠点に活動。Jクルー・ジャパン(伊藤忠プロミネントUSA)、フェリシモ・ニューヨーク、イオンUSA調査ディレクターを経て2010年に独立。

アメリカ市場でのファッション、小売事業展開の実務経験に基づいた市場調査分析、戦略企画が専門。「販売革新」「ファッション販売」他執筆。米国小売最新情報に関する講演。慶応大学及びファッション工科大学卒業。


2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ