« 前へ | Main | 次へ »
オンライン下着の「ライヴリィ」が狙うアスレジャー市場
アメリカのファッション業界では各商品カテゴリ内でニッチ市場を狙って成功したオンライン専業スタートアップ企業が急増している。眼鏡のワービー・パーカーに始まり、カジュアル衣料品のボノボス、ベーシックなハイクオリティ衣料品のエバーレーン、レンタル衣料品のレント・ザ・ランウェイなど。彼らが短期間で急成長したのは、もちろん事業コンセプトや商品企画、マーケティングが優れていたことがあるが、何よりも重要なのは、開業前から積極的・戦略的な資金調達計画を実行したことだ。

女性の下着専門オンラインリテーラー「ライヴリィ」は今年4月に開業。そして今月めでたく400万ドル(約4億円)の資金調達に成功した。まずは最初のハードルをクリア、と言ったところだろう。

同社はヴィクトリアズ・シークレット通販部門を始め、ファッション業界でキャリアを築いたミッシェル・コルデイロCEOが創業した。彼女は、下着メーカーが未だに男性に支配され、女性による女性のための製品が少ない点に着目し、もっと女性が自ら定義するセクシーさ、健康的で快適な下着を手ごろな価格で提供することを目標とした。

同社のサイトを見ると、「アスレジャー時代に必須の下着、レジュレー(Leisurée)をあなたに」と書かれてある。デザインを見れば一目瞭然。シンプルで女性の目から見て清潔感や遊び心があり、何より、着心地が楽そうだ。アスレジャーファッションの下に着用するには確かにぴったりの雰囲気だ。ヨガウェアも実際にスポーツをする時にはスポーツブラがあるからよいが、そうでない時にはレースやリボンは変だよね、と密かに思っていたので、女性なら誰もが感じていたのかもしれない。

商品構成はブラ、パンティ、ボディスーツで、ブラは@デザインと快適性をあわせもつブラレット、ATシャツ向けのTシャツブラ、Bスタイル+快適性+機能性のノーワイヤー(ワイヤレス)、Cプッシュアップタイプではない女の子(セクシー過ぎない)にも向くプッシュアップがある。

価格政策も非常にわかりやすく、ブラはいずれも35ドル。タイプや色を問わず2点で55ドル、3点で75ドルと安くなる。パンティは10ドルで3点で25ドルとなる。40ドル以上で無料配送となるので、ブラを2点もしくはブラ1点とパンティ3点あたりから始めるのだろう。また、ポイント制ロイヤリティプログラムもある。

ヴィクトリアズ・シークレットは従来のセクシー系に加えて、「ヴィクトリア・スポート」でスポーツブラを、ティーンズ向けブランド「ピンク」でライヴリィのようなすっきり系のデザインを展開しているが、ライヴリィはピンクより大人の女性をターゲットにし、どこにでもいそうなリアルなモデルをフィットモデルに採用している。次のハードルまで、どの位の速さで到達するのか楽しみだ。

ところで余談になるが、これがヒットするのなら、ユニクロのブラも同じレジュレー市場で大きなパイの一切れをいただけるのではないだろうか。
www.wearlively.com


 2016/10/31 06:52  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

平山幸江(ひらやま・さちえ)

アメリカ小売業コンサルタント

1993年よりニューヨークを拠点に活動。Jクルー・ジャパン(伊藤忠プロミネントUSA)、フェリシモ・ニューヨーク、イオンUSA調査ディレクターを経て2010年に独立。

アメリカ市場でのファッション、小売事業展開の実務経験に基づいた市場調査分析、戦略企画が専門。「販売革新」「ファッション販売」他執筆。米国小売最新情報に関する講演。慶応大学及びファッション工科大学卒業。


2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ