« 前へ | Main | 次へ »
ナイキvsアンダーアーマー
今年はオリンピック・イヤーということで、アスレジャーウェアの拡大もあり、アスレチックウェア業界が注目されている。トップのナイキは相変わらずトップであるだけでなく、着実に売上を拡大している。12月に発表された四半期でも売上前年比4%、為替差損要因を除くと12%の伸長だった。特に北米市場で非常に力強い伸びを示しており、前年比10%アップ、今後の受注は14%増を予定している。

ナイキは主力ブランドのジョーダン、ランニング、トレーニング等で着実な伸びを見せるだけでなく、オンライン販売の成長も大きく貢献している。また、中国市場での成長も同社を支えており、昨年「シングルの日」には爆発的な売上を記録、ここでもオンラインが成長の柱となっている。同社は2020年までに年商500億ドルを達成する目標だ。

一方でアンダー・アーマーは、まだ規模はナイキの10分の1だが、毎期25%以上の伸長を続けている。同社は2018年度に75億ドル(現在の2倍)を目標とし、昨年1月にはアディダスを抜いた。今後成長ドライバーとして、男女別の細かいニーズへの対応、オンライン販売、靴、そして海外市場開拓を進めていく。

年間32億ドル、ほぼアンダーアーマーの年商と同じ額をブランド戦略に投下しているナイキに対抗するのは並大抵ではないだろうが、オリンピック、アスレジャーの追い風がびゅんびゅんと吹いている間に一層の成長をしたいところだろう。同社は2016年中に200店舗追加出店を計画している。

アンダーアーマーの創始者兼CEOケヴィン・プランク氏は全米小売業協会年次総会にもゲストスピーカーとして登場したが、見るからに筋肉もりもりのスポーツマン、戦いこそ彼の人生なのだろう。同社のコンプレッションウェアを開発するに至ったエピソード(汗でびしょびしょになるTシャツをどうにかしたかった)は有名だ。

同社は昨年夏にConnected Fitnessというデジタルテクノロジーを駆使したトレーニング&パフォーマンス向上アプリを開始し、今年1月コンシューマーエレクトロニクスショーではこれをさらにレベルアップして、「ヘルスボックス」という心拍数や走ったり体を動かした時に歩幅やスピード等を全て記録、分析するデバイスを発表した。年次総会の会場での「もっとスポーツをする人の役に立ちたい」の言葉には、単なるスローガンを超えた真実味が感じられた。つい、巨人ナイキを倒せ!と応援したくなるのも、カリスマのなせる業か。

(図表)各社業績報告書より



 2016/01/31 09:34  この記事のURL  / 

アスレジャーがデイウェアを駆逐し始めている
1月26日、ウィメンズウェアデイリー紙がアスレジャーについて、全米主要都市の個人経営セレクトショップオーナーに取材した。

1000字以上の内容を一言で言うならタイトルの通り。より具体的には

*影響を受け始めているのは、昼間着るファッション全体。デザイナーブランドにも影響が出ている。(夜間社交用のドレス等には影響なし)

*Tシャツにヨガパンツ、スニーカーの上に羽織ってもピシッときまるジャケットやセーターは逆に良く売れる。ミシガン州バーミンガムのブティックのトップセラーは、RtA, Unravel, Awake, Public School, Comme des Garcons, Yohji Yamamoto, Junya Watanabeなど。アメリカーナ・マンハセット・モールのブティック、ハーシュライファーでは、同様にアクティブウェアにも合わせられるLucien Pellat Finet, Pronza SchoulerのセーターやTシャツ、Nilly Loten, Rosie Assoulinのボトムズがよく動くとのこと。ニューヨーク州ライのグィタールではVeronica BeardジャケットとDickiesやRtAスキニースウェットパンツのコンビネーションが大ヒット
(注)アメリカの郊外の高所得者はショッピングモールのマス・ファッションや人混みを嫌い、このような個人経営のデザイナーブランドを扱うブティックを好む

*シャネルやイヴ・サンローラン、プッチ、クロエなどが動かなくなった訳ではないが、単品としてしか売れなくなった

*このような高級デザイナーブランドを買い物に来る時にも、顧客は以前はドレスやスーツ姿だったが、最近はルルレモンやアスリータを着て来店するそうだ

市場調査会社NPDグループは、アスレジャー市場は350億ドルに達したと試算する。WWD紙では1990年代のジューシークチュールの動きにも似て、女性のファッションの在り方を変えたとしている。

そう言えば筆者のアスレジャー化も甚だしく、仕事のアポ以外は自宅内外運動着状態だ。以前は自宅で一日執筆の日もジュエリーをつけない日はなかったが、スポーティな恰好に似合わないという理由で、最近はピアスがせいぜい。友人の一人はヨガのために髪を長くして束ねる結果、ヘアカットに行く回数が激減。外反母趾の友人は一度スニーカーを履いたらもうパンプスには戻れないと言う。

WWD紙の取材では、日本人デザイナーがアスレジャー・トレンドの波に乗っているようだ。このトレンドが日本のアパレル業界の神風となるだろうか?

(写真)左 Nordstrom.com よりVeronica Beard、右 saksfifthavenue.com よりRtA
 2016/01/31 03:34  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

平山幸江(ひらやま・さちえ)

アメリカ小売業コンサルタント

1993年よりニューヨークを拠点に活動。Jクルー・ジャパン(伊藤忠プロミネントUSA)、フェリシモ・ニューヨーク、イオンUSA調査ディレクターを経て2010年に独立。

アメリカ市場でのファッション、小売事業展開の実務経験に基づいた市場調査分析、戦略企画が専門。「販売革新」「ファッション販売」他執筆。米国小売最新情報に関する講演。慶応大学及びファッション工科大学卒業。


2016年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ