« 前へ | Main | 次へ »
クラウドソーシング型オンラインストアMintedの出店
オンラインリテーラーが店舗を持つ動きは顕著になってきている。日本でも有名なメガネ販売の Warby Parker、ファッションジュエリーのBauble Bar、化粧品サンプル購読のBirchboxなどは、ニューヨークを訪れる業界人は必ず店舗視察されるようだ。直近で注目されているのはサンフランシスコに出店したMinted。高級ステーショナリーだが、オンラインではできない、楽しい店舗経験を提供している。

Mintedは2007年、幼少期に中近東とアフリカ5か国で過ごした経験があるマリアム・ナフィシーが創業した。販売しているのはオリジナルデザインのカード、包装紙、その他文房具や生活雑貨系ギフトアイテム、結婚式や出産祝いのカスタムメードのカード類だが、その特長は「クラウドソーシングしたオリジナル・デザインの商品販売」だ。毎月公募するデザインチャレンジに世界中の独立系デザイナーがオンラインで応募。同社ウェブサイト上の投票によってデザインが決定する。過去累計で4万人以上の独立デザイナーが同社にデザインを応募、全米48州、世界43か国のデザイナー作品が商品化されており、150万ドルのデザイン料が支払われたそうだ。

最初のデザイン公募は2008年4月、66件の応募があった。その後アメリカ全体が不景気だったにも関わらず事業は順調に成長し、2012年には黒字化、2013年には最初の投資を受け、2014年にはLinkedIn社より「最も働きたいスタートアップ企業10社」に選ばれ、2013年にはFast Company誌の「最もクリエイティブなビジネスを行う人々25人」の1人に選ばれた。デザイナーの多くは幼い子供を持つ母親だったり、才能を開花させるチャンスの少ない海外のアーティストであるため、彼らを支援したいという共感が、同社のオンラインコミュニティの成功の原動力となっている。

23日にオープンした店舗Minted Localは10月16日まで期間限定のポップアップストアだ。ここでは以下のようなサービスで、同社の魅力を高めている。
*ワークショップ
*予約制でスタイリストによる壁をどのような絵や写真、フレームで飾ればよいかのコンサルテーション
*デザイナーと共にホリディギフトカードやウェディングカードの準備サービス(大型のデジタルスクリーンを使用してカスタムメード)
*子供たちとのクラフトアート制作サービス

店内には昔ながらの手動プレス式印刷機が設置されており、オープニングイベント時には専門家がカードを手で印刷して参加者に配ったそうだ。

オンラインストアからの出店組は、出店に手慣れたチェーンストア組以上にクリエイティブな発想で店舗を作ろうとしている。コンセプト倒れ・収益度外視で終わっているケースもあるが、やはり見るべきだろう。
http://www.minted.com/julep/2016/05/23/minted-local-san-francisco-retail-store/

店舗所在地
222 Grant Avenue
San Francisco, CA 94108
(写真)Minted社


 2016/05/31 01:45  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

平山幸江(ひらやま・さちえ)

アメリカ小売業コンサルタント

1993年よりニューヨークを拠点に活動。Jクルー・ジャパン(伊藤忠プロミネントUSA)、フェリシモ・ニューヨーク、イオンUSA調査ディレクターを経て2010年に独立。

アメリカ市場でのファッション、小売事業展開の実務経験に基づいた市場調査分析、戦略企画が専門。「販売革新」「ファッション販売」他執筆。米国小売最新情報に関する講演。慶応大学及びファッション工科大学卒業。


2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ