« 前へ | Main
ショールーミング退治方法をアマゾンが特許登録
ショールーミングとは、実際の商品を店舗で確認し、価格をスマートフォンで比較して結果的に一番安いオンラインストア(多くの場合アマゾン)で購入することだ。この言葉が一般用語になって久しい。しかし被害の大きかったベストバイ(家電)を始め、多くの企業が競争相手のマークダウンを分単位で認識し、自社の価格を自動的に下げるシステムに投資し、プライスマッチ戦略を強化したため、最近ではショールミングの話は聞かなくなっていた。

ところが6月半ば、アメリカの多くのメディアがアマゾンがショールーミング対策の特許を5月に登録したことを報道した。ホールフーヅ買収でいよいよアマゾンが本格的に実店舗経営に乗り出した、というニュースの一貫で噴出した感じだ。

アマゾンが登録した特許内容では、店舗にいる顧客が店舗提供のwifiを介してオンライン検索をする場合、探しているurl経由で比較している価格その他の情報を認識することができる。
それだけではなく、アマゾンがその顧客にクーポンや類似商品情報などを提供できる。
応用として考えられるのは、店舗スタッフがその情報をキャッチした段階で、直接顧客に人的接客を提供することだ。

報道したメディアは口々に「ショールーミングを起こしたのは自分達だろう」というコメントを添えていた。それはそうかもしれないが、言ってしまうと負け犬の遠吠えに聞こえてしまう。

特許取得には時間がかかる。恐らく自社ブックストアを出店した2015年11月の頃には既にここまで考えが及んでいたのだろう。小売業界としては、アマゾンゴーなどで驚いていてはいけないのだと改めて考えさせられた。
 2017/07/07 12:39  この記事のURL  / 


« 前へ | Main

プロフィール

平山幸江(ひらやま・さちえ)

アメリカ小売業コンサルタント

1993年よりニューヨークを拠点に活動。Jクルー・ジャパン(伊藤忠プロミネントUSA)、フェリシモ・ニューヨーク、イオンUSA調査ディレクターを経て2010年に独立。

アメリカ市場でのファッション、小売事業展開の実務経験に基づいた市場調査分析、戦略企画が専門。「販売革新」「ファッション販売」他執筆。米国小売最新情報に関する講演。慶応大学及びファッション工科大学卒業。


2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ