« 前へ | Main | 次へ »
オンデマンド配送に飛びつくブランドたち
アマゾンの影響で、顧客に数時間以内に商品を配送するオンデマンドサービスが、アメリカの小売業界では広がり始めている。日本では宅配便ネットワークが整備されているため、低料金で迅速に荷物を受け取るのは当たり前のことだが、アメリカではアマゾンが無料2日配送を普及させるまでは、配送に5-7日かかるのが常識だった。

これに対抗するために、百貨店や専門店チェーンが目をつけたのがオンデマンド・デリバリーサービス企業だ。2014年に先鞭をつけたのはデリヴ社と提携したウィリアムズ・ソノマだ。デリヴはその後メーシーズ、ブルーミングデールズ等にもサービス提携している。今年になってウーバがこの領域に参入し商品配送サービス「ウーバ・ラッシュ」を開始。現在ではコール・ハーン、レベッカ・ミンコフ、ノードストローム、レント・ザ・ランウェイ等が提携し、店内で購入した商品を数時間で配送している。送料は10ドル程度で、現在ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコでサービス提供している。

過日開業したローワーマンハッタン、ウェストフィールドモールにオープンしたコール・ハーン旗艦店。同店プレスリリースでもウーバとの提携はセールストークの1つとなっており、ウーバ・ラッシュだけでなく、コールハーン社ウェブサイトの店舗情報ページ上で簡単にウーバを呼べるとも宣伝した。なるほどと思い、試してみることにした。まず同社サイト上のウーバ・ボタンだが、謳い文句とは裏腹に同社のサイト、アプリ、どこを見ても見つからない。グーグル検索まで使ってようやく見つけるまで15分はかかった。例えボタンの場所がわかっても同サイト内で2回クリックが必要。これでは、アプリを開けば数秒で車を探せるウーバのアプリを使った方がずっと早い。しかもご丁寧に「電車ご利用の場合」「ウーバご利用の場合」が並べてあり、電車だと2ドル75セント、26分で来店できるのに、ウーバだと20−35ドルかかって31分で到着するそうだ。

ウーバ・ラッシュ・サービスはどうか?しかしよく考えたら、たかだか靴だ。オンライン購入ならともかく、何も10ドル払って即日配送してもらわなくても自分で持って帰れる。重くて大きい鍋釜を扱うウィリアムズ・ソノマなら店舗からの配送サービスはぜひお願いしたいし、それが即日で届けば10ドル払ってもいい、という気分になる。そんなことを考えると、オムニチャネル戦略の一貫としてアマゾンに対抗して配送サービスをアップグレードするのはいいが、本当に顧客にとって便利で使いやすいものでなければ、オンデマンドと提携という耳障りの良い分、後で顧客をがっかりさせるのではないかと感じる。

(写真)ウーバ社
 2016/08/31 05:55  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

平山幸江(ひらやま・さちえ)

アメリカ小売業コンサルタント

1993年よりニューヨークを拠点に活動。Jクルー・ジャパン(伊藤忠プロミネントUSA)、フェリシモ・ニューヨーク、イオンUSA調査ディレクターを経て2010年に独立。

アメリカ市場でのファッション、小売事業展開の実務経験に基づいた市場調査分析、戦略企画が専門。「販売革新」「ファッション販売」他執筆。米国小売最新情報に関する講演。慶応大学及びファッション工科大学卒業。


2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ