着るたびに好きになる
『ゆるぎない』 こだわり


■「ラベンハム」のこだわり。




たとえば、キルト・ステッチに使用する糸。
キルティング生地の表側に出る上糸は、収縮性のあるナイロン双糸、生地の裏側にくる下糸には縮みの少ないポリエステル糸を使用。
この組み合わせによってほつれにくく耐久性の有るステッチになっている。
ラベンハム独自のダイヤモンド・パターンが特長。
縫い上げるピッチを限界まで細かくしていることに加えて、もしストレッチがほつれた場合でも、ダメージが最小限にとどまるようステッチの角を交差させている。


「ラベンハム」は1969年イギリス・サフォーク州のラベンハム村で設立された。
創設者のミセス・エリオットが発案したホースブランケットは、多くの乗馬愛好家の要望でダイヤモンドキルティングジャケットの誕生につながり、現在ではファッションブランドとして英国を代表するブランドとなっている。





「購買客は、5年目くらいに修理に来られます」と、店のスタッフが説明。
購入して、「着るたびに好きになる」服、だと実感する。







■ILSE JACOBSEN HORNBÆK(イルセ ヤコブセン ホーンバック)のこだわり。

1993年にデンマークの女性デザイナー、イルセ・ヤコブセンにより設立されたデンマークを代表するライフスタイルブランド。
カラフルなレインブーツ(長靴)、レインコートを始め、人気のレースアップラバーブーツ、雨、雪、台風の日も楽しくなる傘やポンチョなどのレインウエア、レインアイテムを中心に提案している。


汗を吸ってサラッと快適なレインブーツ


イルセ ヤコブセン・ホーンバックブーツには、コットンとビスコース(高級レーヨンの一種)を独自配合したフェルト素材のライニング(内張り)が貼られていて、サラッと快適。





ソフトシェルコートは、雨の中でも動きやすく蒸れる心配がない。

通気性が良く、やわらかい素材を使用している。また、縫い目はテープ処理をしているので水がしみこまなく、いつも快適に着ることが出来る。
細部まで気配りが「ゆるぎないもの」として実感できる。




今年は、「誰がアパレルを殺すのPBか」(日経PB社)という本も出版されており、
ファッション&アパレル業界に危機感どころか、悲壮感が漂い始めている。
『服が売れない時代』というが、「気づくと着ているもの」の、何かを知ることが大切だと考える。
その一つが、ゆるぎない「こだわり」の品質といえるのではないかと実感する。




釜Z本木事務所


 2017/11/30 16:23  この記事のURL  / 

マーケットは無限にある
今話題のライザップグループ。
夢展望、ジーンズメイト、堀田丸正等で構成するアパレル関連事業。
イデアインターナショナル、パスポート、タツミプランニング等で構成する住関連ライフスタイル事業。

美容、健康関連事業を含めて「人間の自己投資のための欲求には終わりがない」と貪欲な挑戦をつづけている。



『新時代のダイエットメソッド』として「ライザップごはん」というタイトルの低糖質レシピ本を出版している。

超低糖質で作れる人気おかずレシピ。







『食事と運動のメソッド』を提案する「女子のライザップ」という本も出版している。







2018年1月からは、『RIZAP×長野県伊那市』との連携による日本初の自治体向け”成果報酬型”健康増進プログラムも実施予定。






また、まさに、「マーケットは無限にある」ようだ。
2020年度までに1000万人シニアにトレーニング、食事プログラムを提供し、「RIZAP1000万人健康宣言」は、健康寿命の延伸や介護予防を地方自治体と共同でチャレンジしていくという。




釜Z本木事務所








 2017/11/17 16:19  この記事のURL  / 

ドラッグストアが注目!
米国ドラッグストア大手の『CVSヘルス』が、医療保険3位の『エトナ』と買収交渉を進めている。買収価格は660億ドル(7兆5000億円)と、米国のM&Aの中でも最大規模となる。
先週末から注目を集めている。



全米で約1万店舗を展開する巨大ドラッグストアの『CVSヘルス』。
中堅投資銀行コーエンのチャールズ・ライ氏によると、「ヘルスケア産業の川上から川下までが一体化することで医療費の抑制につながる」垂直統合が狙いだ。
これはアマゾンによる調剤販売の動きに対応したものだ。




日本のドラッグストア業界でも、売上高5000億円台に大手4社がひしめき合っている。
M&Aの嵐が吹きやまず、鮮烈なシェア争いが続いている。
成熟しつつある国内市場の取り扱い商品の多様化を模索し、業態変更さながらの策で、他社との差別化を進めている。




LIPS and HIPS (リップス アンドヒップス)


アインファーマシーズ のPB商品「LIPS and HIPS (リップス アンドヒップス)」は、可愛い化粧品から靴下、ルームウエアの品ぞろえも充実していて、まるで「バラエティショップ」である。ガーリーなプチプラコスメとして若い女性に人気。


また、ドラッグストアではコンビニやスーパーより安い食品も売られている。

これから、どんな驚きの選択肢が生まれるのか。ドラッグ市場から、目が離せない。



釜Z本木事務所


 2017/11/02 16:19  この記事のURL  / 

プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。