アクティブシニア市場の新機軸
日本は、世界でも類を見ない「超高齢社会」に突入。
厚生労働省は、15日時点で100歳以上となる高齢者が全国に6万7824人いると発表した。

女性が87.9%を占めており、健康で長生きする女性が増加。

そこで、化粧品各社が、アクティブなシニア女性に的を当てた新商品が相次いで投入している。。



ヘア ファンデーション 「資生堂 プリオール」


『白髪染め』市場にも、従来にないタイプの「ヘア ファンデーション」が登場した。

携帯して化粧直しの感覚で気付いた時に、すぐ、カバーできる粉末状の白髪染め。
オシャレなコンパクトタイプなので持ち運びに便利で仕事やレジャー、旅行など手軽に使用できる。これは画期的。





黒髪メーク ヘアケア



カネボウ化粧品ではカラーのバリエーションを揃えたり、ハーブの香りで白髪染め特有の臭いを気にならないようにする等の商品を投入している。

ヘンケルジャパンも、この春、8色の「シュワルツコフ カラースペシャリスト」を発売。

他にも、シニア用ヘアケア商品が充実している。






『老眼鏡』市場でも、シニア向けでファッショナブルな丸メガネ等の品揃えが増えている。



老眼鏡は、シニアには欠かせない。
ファッションアイテムの一つとして、オシャレで個性的で実用的なものが求められている。


各社とも、アクティブシニア市場に新たな需要を掘り起こしている。

世界に先駆けた超高齢社会の日本だからこそ、ニーズを捉えた新機軸の商品開発が急がれる。





釜Z本木事務所
 2017/09/21 13:47  この記事のURL  / 

ミレニアル世代へのギアチェンジ

もっと速く、理想の自分へ


「クラランス」の『ボディフィット』のコマーシャルは、従来の化粧品のコマーシャルから見ると新鮮だ。
まるで、スポーツメーカーのコマーシャルのようだ。










「あなたのボディケア習慣をサポート」



ボディフィットの新植物成分マルメロリーフを配合。
理想のボディ肌へ、引き締まってすっきりキュッとなめらか


すっきり引き締まった肌の美しいボディに!を訴求している。




今、ミレニアル世代(1980年代から2000年代前半生まれ)が注目されている。
インターネットが普及した環境で育った最初の世代で、情報リテラシーに優れ、自己中心的であるが、他者の多様な価値観を受け入れ、仲間とのつながりを大切にする傾向がある世代だ。
自身の健康や食事を含めた体験に価値観を見出している世代でもある。



米市場調査会社NPDグループの最近のリポートによると、過去1週間にスポーツブラを着用した女性の割合はミレニアル世代では41%。これに対し、ミレニアル世代以外では21%という。

『米国女性の、ナチュラルでヘルシーなライフスタイル』を志向する傾向が拡がっていて、セクシーランジェリーの「ビクトリアズ・シークレット」の人気が米国で急落している。

アスレジャー流行への対応として「ビクトリアズ・シークレット」の店舗のショーウインドウや電子メールでヘルシーナチュラルなアンチ・セクシーを訴求する対策をとっている。



ビクトリアズ・シークレットの店舗(ニューヨーク・マンハッタン)



「ありのまま」を快適に感じるミレニアル世代が次期主役になると、コマーシャル訴求法も様変わりするのだろう。

ミレニアル世代を取り込むアプローチのギアチェンジが急がれる。




釜Z本木事務所
 2017/09/07 16:23  この記事のURL  / 

プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。