セルフメディケーション!?

「人間的に扱われる鶏による元気な卵」ハッピーエッグ


医療コストの抑制から自分の身体は自分で自己管理するセルフメディケーション志向が進み、衣・食・住全般にわたって健康志向が強まっている。


米大手スーパーでは「平飼い卵」(ケージフリー)の取り扱いが増えている。
米国では、健康意識の高いミレニアム世代(1980〜2000年頃生まれ)は、ファーストフード、ジャンクフードから離れているという。
「かつてないほど消費者は食べ物の由来を気にしている」そうで、自身の健康を守るために、自ら食べる食品がどういうように扱われているか常にチェックしているためだ。
それが平飼い卵を買う動機になっているという。









マクドナルドのマック・エッグマフィン



昨年9月、米国マクドナルドは、全米1万4300店舗を平飼い卵への切り替え宣言した。
2025年中までに、すべて平飼いの鶏卵にすると発表した大手スーパーのクローガー、更に、最大手のウォルマートも続々と発表している。





KFCは、抗生物質が与えられた食肉を使わないよう求められている。


マクドナルドなど、米国ファーストフード業界に消費者団体は、「肉の供給網から一刻も早く、有害な抗生物質を取り除く」ように、強く要求している。



卵や肉に限らず、オーガニック、ナチュラル商品など総じて価格は高めであるが、健康志向の商品投入が拡大している。


日本においても、ますます、ヘルシーやウェルネス志向から「健康」をキーワードにしたセルフメディケーション市場の拡大が期待される。





釜Z本木事務所

 2016/10/20 14:12  この記事のURL  / 

進むPB商品開発
訪日客需要の恩恵を受け、ドラッグストアのPB開発が進んでいる。



アインズ&トルペ 自由が丘店






既に、飽和状態で出店余地は無くなりつつあるドラッグストア市場。

「マツモトキヨシホールディングス」と「ウエルシアホールディングス」が首位争いで売り上げでほぼ肩を並べる中、調剤薬局の最大手「アインホールディングス」は、都心での女性向けドラッグストアの出店で攻勢をかけている。

「LIPS and HIPS」のPB商品を集めたコーナーは、可愛いパッケージやカタログで、華やかさがある。
調剤薬局から出発してH&B分野に進出し、大変身中である。



アインホールディングスのPB商品

LIPS and HIPS





TOUCH ME CREAM リップス アンド ヒップス
タッチミークリーム〈ハンドクリーム〉







最近は、ドラッグストア合体コンビニの実験店舗が続々オープンしていて、業態の壁が破れつつある。
日本のアパレルの大変身にも期待したい。


釜Z本木事務所

 2016/10/06 17:00  この記事のURL  / 

プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。