カラダにいいこと?商材
「からだにいいこと」の商材が売れている。


膝、関節サポートベルトはネット通販の常連商品。
キレイになれる・ゆがみ解消・デトックス・健康食品等々をうたう商品は価格に関係が無い。

身体本来の心地よいバランスをサポートする電位を放つデバイスを搭載したブレスレットは、プロアスリートも愛用していて話題となっている。

また、飲むだけでなくスキンケアにも活用する炭酸水も人気が出ていたが、最近では水素水がトレンド。



ファッション関連の売上に苦戦しているなか、健康や身体にやさしい物への支出は衰えを見せていない。

いよいよ、今月末からバーゲン商戦が始まったが、今年は例年になく混迷状態。

バーゲンセールを遅くする議論より、もっと消費者ニーズを見極める方が先決では!!


釜Z本木事務所
 2012/06/29 18:37  この記事のURL  / 

コンビニPB商戦のゆくえ
スーパーや外食市場を奪い、新たな成長をもくろむコンビニ。

昨年の東日本大震災をきっかけに地域の「インフラ」として新たな役割に期待が寄せられている。
また、高齢化社会とネット時代にどう対応していくのか。


その中で、PB商品開発も、熾烈を極めている。

セブンイレブンは「近くて便利」を標語に掲げ、PB開発を拡充してきた。07年スタートした「セブンプレミアム」の売上は年々上昇し、今では平均日販の1割弱を占めている。



ファミリーマートは「おとなのコンビに研究所」を通して、「おとなのおやつ」などのPBを強化している。

ローソンでは、「ローソンセレクト」で対抗。

各社のグループの力を結集させたPB開発に加え、新たな仕組みが動き始めている。
セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの上位3社による大攻勢に目が離せない。


釜Z本木事務所
 2012/06/22 18:44  この記事のURL  / 

ヘルスケア&予防サービス
個人消費低迷のなかで、健康志向は根強いものがある。

レジャー白書によると、09年のフィットネスクラブの市場規模は4090億円で、ピーク時の06年から4%の落ち込みとなっている。競争激化で新規会員の獲得に苦しむ各社は、シニア世代の健康志向の高まりを重視し、割引会員制度などに活路を見出している。しかし、それだけでは成り立たず新たな模索をしている。

今後の注目は、会員の高齢化を見越した介護予防向けサービスである。
コナミスポーツ&ライフでは、ITネットワークを利用し関西の医療・介護機関と連携し、リハビリ目的の高齢者の受け入れなどの新サービス実現を目指しているという。

また、セントラルスポーツでは健康管理として「採血検診」のサービスが新登場。
生活習慣病のチェック・癌発生の予兆を速く察知するのに役立つ「腫瘍マーカー検査」もできる。


採血検診結果報告書はわかりやすく解説。必要に応じて生活指導・健康管理アドバイスも行われる。

日頃の運動効果と共に、医療機関との連携で病気予防が手軽に出来るコンビニエンス・サービスといえる。

釜Z本木事務所
 2012/06/15 14:27  この記事のURL  / 

カラダの履歴はウェブで!
健康管理は楽しく手軽に

健康でありたい、ダイエットもしたい。でも毎日は面倒だし……。
そんなあなたにスマホ時代だからこそできるサービスがある。

●ランニングの成果をスマートに管理
ナイキのランナー向け無料サービスは走った成果をパソコンで手軽に記録&管理が可能。

ナイキが提供するアプリ「Nike+」(ナイキプラス)をインストールしたiPhoneを身に着けてでランニングのデータを記録。
走行履歴(ログ)を残せ、ユーザー同士で距離やタイムを競う事もできる仕掛けが面白い。
また、ナイキプラス対応シューズにナイキプラスチップをセットし、腕にスポーツバンド(受信機)を巻けば、簡単に操作できる。


スポーツバンド&Apple Nike + iPod Sensor



●オムロン ヘルスケアの無料健康管理サービス
「ウエルネスリンク」は、同社の機器と連動すると、体重や活動量・血圧・睡眠状態などの情報を集中管理できる。
その結果を分析してアドバイスも受けられる。
スマホを計測機器にかざすだけでデータ転送ができる。




スマホ時代のワーキングガールは、健康管理もお手のもの!


釜Z本木事務所


 2012/06/08 14:06  この記事のURL  / 

ヘルス&ビューティ
「味の素」と「花王」が健康関連事業で提携するそうだ。

「花王」が2008年に買収した「ヘルスケア・コミッティ-」が手掛ける健康組合などの加入者に対するサービスの一環として「味の素」の健康リスク診断技術や健康な食生活の知見を取り込むらしい。

「味の素」は、メタボリック症候群やがんにかかるリスクがわかる「アミノインデックス」(血液検査)の利用者を増やすのが狙い。

健康志向と共に、高齢化を見越した「予防サービス」が益々高まっていく。


先日、「ミッドタウンメディカルセンター」のDr.平石氏にお会いする機会を得た。
病気にならない為の未病術、シニアへの医学的見地からの豊富なアイデアは尽きないようだ。
これからの「ヘルス&ビューティ」ビジネスの大きなヒントをいただいた。

そして、今朝、超多忙な平石先生からサイン入りの著書が届いた。



成功している人に共通するリスポンスの速さだ。

これを読んで、先ずは「自らの健康管理」を意識した生活を始めたい。


釜Z本木事務所
 2012/06/01 14:47  この記事のURL  / 

プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。