繊研教室4月26日記載
ー ソーシャルメディアの可能性と魅力 ー


「つながる」ビジネス

頻発する余震、福島原発問題、遅々として進まない復旧と国の対応の遅れが被災された人々に重く圧し掛かっている。心よりお見舞い申し上げます。


景気の低迷、消費マインドの冷え込みが大きな影を投げ、あらゆる局面で従来の生活基礎が崩壊する危機に直面している。安心安全な国だと思いリスクに背を向けてきた我々のなかに「何とかしなければ」という気運が高まっている。
そのような中で情報や社会から断絶された被災地を報道する多くのマスメディアを見て感じた事は「つながる」ということであった。


「ソーシャル」の波

今や、ネットを通し世界中どこでも簡単につながる。ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ等が今回の災害時に大変有効なインフラとして活用された。被災地ではリアルタイムな災害情報を得、ツイッターで細かな情報や励ましの言葉を閲覧することで社会とつながっていることを実感できたのだ。海外でも義援の輪が広がり「人と人、世界がつながる」までに発展したのは今までに無いムーブメントである。
これまでもPlaying for Change(プレイング・フォー・チェンジ)という音楽運動が世界の人々とつながりチャリティプロジェクトを続けている。アメリカで一大旋風を巻き起こしているリバータリニズム運動がある。旗手ロン・ポールは、彼の熱烈な支持者が各地の講演スピーチビデオをユーチューブへ投稿したことがきっかけで大きな賛同を得るようになった。日本企業では巨大サイトに商機ありと広告宣伝、販売促進に活用するケースも増えてきた。

一方、人と人の繋がりで情報が伝達されるソーシャルメディアは、言語の壁が大きく障害となっている。日本人の英語力の低さが足かせになっているのだ。最近の書店で「iPhone英語勉強法」等の本が数多く並んでいるのは心強い。
ソーシャルメディアの可能性と魅力は表裏一体でダークサイトに転ぶ危険性もあるのだが使い方次第である。今まで以上に「ソーシャル」の波が押し寄せてくると思われる。


ファッション感覚で選択



デジタルガジェット


2011年はスマートフォンの普及が加速しそうだ。昨年秋以降、携帯電話各社から新機種が次々に発売されている。スマートフォンやiPadのようなマルチデバイスが普及する事でソーシャルメディアの影響力は更に増すことになるだろう。「ツイッターで最新情報をフォロー、フェイスブックで友達や仕事相手と繋がる。更にアプリやモバイルサイトを使いこなして内容を充実させる。」ことがデジタルライフの鍵となっている。

ファッション誌ではデジタルライフを楽しむ女子の為の「スマホ講座」が組まれている。スマートフォンの選び方からスマホ使いの裏技とテクニックなるものを解りやすく特集。また、ファッション雑貨ではUSB付チャーム、バッグと同じようにケースもファッション感覚で選びたいとアイフォンケース、PCケース、ポーチもシーンに合わせたオシャレなものから可愛い物までアイテムが増えている。

一方、「スマホスタイル」という新カテゴリーの売場が人気を集めている。スイーツ系、モード系デザインやシリコン、木製素材等の多様なスマートフォンケースをはじめ、動画を見る時に便利なスタンドや楽に通話できる受話器など、スマートフォンをより楽しく使う為のグッズが勢ぞろいしている。

「ワーキングガールのお仕事バッグ」の中身に注目してみたい。
財布、手帳、名刺入れは当然ながらアイフォンをスケジュール帳代わりにする人も。携帯電話・アイフォン・アイパッド・デジカメ・パソコン等のデジタル機器は必需品である。更に携帯用加湿器、携帯電動歯ブラシも加る事もある。携帯電話のサイズを基本にしたコンパクトサイズが多い。
防災グッズで「LEDライトとリチウム電池を内蔵した懐中電灯」がデジタル家電として試作されている。スマートフォンの形状をとっており従来のアナログな懐中電灯とは違う画期的なものである。これもバッグの中で収まりが良い。

今回の大震災を受け、今までに無かった心の豊かさ、人間同士のつながりや仲間意識を改めて考える。
「つながる」と言うキーワードを基に業種を超えたビジネスのヒントになりそうだ。

 2011/04/26 10:00  この記事のURL  / 

プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。