« まるでスポーツジム | Main | 『ショッパビリティ!』 買い物がし易い »
新しい事をしないと生き残れない!
明けましておめでとうございます


今年も宜しくお願い致します



本日から2017年のブログをスタートします。


作年は、英EU離脱決定、ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利と大きな番狂わせが続いたが、新たな一年が始まった。
2017年は、昨年以上に不透明な問題が山積している。



2017年、時代の転換となる二つのポイントが存在する。

一つは、団塊の世代がいよいよ70代へ突入するのだ。
戦後の消費を牽引してきた彼らは、身体的にはまだまだ元気といえども、60代と比べると行動範囲も狭くなり消費市場への影響が懸念されること。

もう一つは、ゆとり世代が30代となり職場などで影響力が高まってくる。
しかし彼らの仕事に対する価値観は昭和世代と異なり、ワークライフバランスが叫ばれている。

そして彼らは、会社の賃金が上昇しないとしても、プロシューマ―としての知識やスキルで、実質的買い物のコストを下げて生活を豊かにしている。





そんな中で、「時代の潮流の半歩先」を行く商品の開発を手掛けている企業を見つけた。






トレンドを取り入れながら手ごろな価格を実現している婦人靴メーカー。
価格は6000円前後で、ファッションに合わせた「はき分け」を提案している。

服装に合わせて複数の靴を購入できる靴の手頃な価格と「デザイン性の高さ」が人気となっている。
若い女性から子連れ主婦まで幅広い客層だ。
今までにない価格帯とトレンド性で通販サイトなど販売網も着実に広がっているそうで売り上げも伸びている。



ファッション業界では、2017年『アパレル氷河期「業界全滅…」』といった記事も取り上げられているが、新しい提案や切り口で売上を伸ばしている企業も有る。

消費のスタイルが変化したことで、ビジネスモデルを変革しなければ再生することは出来ない。
企業やビジネスパーソンが生き残っていく為には、今起きている世界の変化を正しく捉えたうえで、先手の策を講じて行けば明るい1年になりそうだ。





釜Z本木事務所













 2017/01/13 15:22  この記事のURL  / 


プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。