« フォーミュラe | Main | メディカル&ケア ユニフォーム »
繊研新聞10月7日掲載
AROUND 70を狙え!


衰え知らずの行動力と知的好奇心

 超高齢化社会の実態が現実のものとして目の前に迫ってきた。
国立社会保障・人口問題研究所は65歳以上の人口構成は13年に初めて25%を超え、25年には30.3%。
 つまり、約3人に一人が65歳以上の高齢者になると推測している。拡大するシニア市場を狙う新規参入、売り場・雑誌による新しいシニア層に向けた取り組みが活発になってきた。


Gracefl Aging 特集でのローレン・ハットン
(ELLE 2013.11月)


■主役はプレミアムエージ

 かねてから医療、医薬産業や介護産業が高成長率を期待されてはいるが、生活産業が最も大きな市場となっている。みずほコーポレート銀行産業調査部の推計では、25年には、51.1兆円へと成長する見通しである。
人口ボリュームの大きな「団塊の世代」が前期高齢者(65〜74歳)である20年までの期間は高齢者向け生活産業の市場規模は大きく成長する。

 20〜25年にかけてピークアウトするもの予想している。今後2〜3年のうちに急速な事業基盤整備が必要だろう。
 パナソニックは、シニアの為のコンセプト家電「Jコンセプト」を立ち上げると発表した。高度成長期を経て変化の激しい競争社会に生きてきたシニア層は、家電の進化を間近で見てきた目利きの世代であり、こだわりが強い彼らに訴求するために約2年かけてライフスタイルの分析やニーズ調査を行ったという。
これを機に開発された掃除機は特殊な樹脂を使い、世界最軽量とすることでシニアでも片手で持ち運びが出来る。足元が暖かいエアコンと共に十月下旬から発売する計画だ。

 また、セブン&アイ出版が九月二十四日に創刊した雑誌「MADURO(マデュロ)」は、50〜60代の新しい価値観のシニア富裕層に向けたもの。彼等の琴線に触れるワクワクするライフスタイル・コンテンツを発信している。バブル時代を経験した消費にアクティブな50〜60代の購買意欲を促し、成熟した新しいシニアライフ市場を創造すると意欲的である。

 イオンでは70代女性向けの高付加価値型PB 婦人服を売り始めた。70代女性の体形実測データを基に開発されたオリジナルボディによるパターンで仕立てた服は着心地がよく体形が綺麗に見えるとこだわりをアピールしている。

また、百貨店でも新しいシニア層に向けた売り場の開発や再構築が進み、服以外の雑貨販売を強化するなどライフスタイル提案を行っている。
しかし多くの高齢者は、年金中心の生活であり財布のひもは緩くはない。団塊の世代は長年の消費行動から独自の判断基準を持った「消費のプロ」とも言われている。この世代を取り込むことで市場を牽引する動きが加速すると思われる。


■エージングのシナリオ

 ちまたでは「Around70」(ラウンドセブンティー、略してアラセブ)とも言われる前期高齢者の団塊世代。「平穏で上質な日常生活」を過ごすことを願い、身の丈に合った社会とのコミュニケーションを欲している。

 一つは内面的消費行動。健康でいられる限られた時間を意識しながら、自分のやりたいことを実現させていく。社会との繋がりとしてのカルチャー教室への参加、旅行などにお金を使う。
 二つ目に外見的消費行動。身体の見た目の老いを感じさせない為のトレーニングや美容、化粧、装いに消費を惜しまない。
安心・安全・エシカルは既に当たり前である。上質な日常生活をおくるために「着心地」や「おいしいもの」にこだわるプラスアルファの価値観が求められている。
 
 映画館や美術館のチケット売り場では、どう見てもシニアには見えない女性達が「シニア料金」を支払っている。ファッション雑誌ELLEで掲載された「グレースフル エイジング」でクローズアップされたローレン・ハットン。健康的でアクティブに年を重ねた美しさが素晴らしく、どこからみても70歳には見えない。
 外見の加齢スピードにはもともと個人差があるというが、「アンチエイジングの技術」の進歩が加齢スピードの格差を広げている。エイジングケアコスメは80年代の初め頃から加速度的に進化を遂げ、美容医療でも90年代以降、メスを使わない施術が誕生し飛躍的な革新が続いている。
厚生労働省の調査によると13年の日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳と過去最高を更新している。

 介護・医療問題も正面から向き合いながらも、まだまだ元気な「Around70(アラセブ)」女性達が牽引力となり「長寿」の新しい生き方を同世代の男性も巻き込んで創造していくだろう。
 先行きの不安のためにお金を『貯めこんでおく』のではなく、「きちんとセカンドライフをデザインしてお金を使う」、「今日が残りの人生の最初の日」として『エージングのシナリオ』を書く。
これまでのアプローチでは通用しない消費スタイルが現れる。


釜Z本木事務所
 2014/10/09 13:19  この記事のURL  / 


プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。