« アジアへの「ブランド」発信法 | Main | 思いやり消費 »
ファッション大学と実務
5月27日文化ファッション大学院大学にてセミナー開催


ファッション経営管理コース2年生が受講生だ。
学校と社会の距離を埋めるため、授業では実際にクライアントから依頼された仕事を課題とした。



中国留学生


学生とともに企画を練ってプレゼンを使えるレベルに作り上げる実践トレーニングである。


日本、中国、韓国、台湾、イタリアと グローバルな学生達が熱く演習問題に取り組んでいた。



韓国留学生



デザイナーとして生きていくためには自分がやりたいこと、考えた理由などをきちんと言葉で人に伝えていく能力が求められる。
学生たちは自分達の企画をきちんとプレゼンテーションしてくれた。

教えている私も、改めて気づかされる事が多く新鮮でワクワクした授業だった。

これからも、学生たちに機会が有ればこうした実務トレーニングを通して「前向きな、タフでたくましい」デザイナーに育ってほしいと思っている。


■講義・講演・セミナーのお問い合わせ
  
釜Z本木事務所までどうぞ!
 2014/05/29 14:20  この記事のURL  / 


プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。