« 健康志向型コンビニサービス | Main | 読者モデル頑張る! »
Smart TV(スマートテレビ)は売れるか?
既存テレビ局の転換期がきている。


インターネットの普及による視聴率の低下、広告収入低下に悩むテレビ局。
嗜好が多様化しTV離れが急速に進んでいる。

スマートフォンやタブレット端末を介したネットへの接触時間が増える一方であり、総世帯視聴率(自宅にあるTVの電源を入れている比率を示す)が低下し続けている。
高視聴率15%を超える事も少なくなった。
活路を求めて、テレビ局は番組とスマホアプリやネット上のサイト等との連動を強化を図っている。

テレビ東京HDはiPad向け番組を提供、フジ・メディア・ホールディングスは放送事業に依存しない経営が最も進み放送外収入が既に5割となっている。
また、GoogleTVは、Googleで検索させ、ネットショッピングを誘引する立体的なビジネスを可能にしている。

TV局関係者に話を聞く機会があった。新規ビジネスには前向きな検討をしたいと積極的な姿勢である。

今後、各社各様の新メディア時代の取り組みに注目したい。


釜Z本木事務所
 2014/01/30 17:08  この記事のURL  / 


プロフィール
六本木 眞弓
(ろっぽんぎ まゆみ)
(株)六本木事務所 代表取締役社長。

六本木 眞弓 プロフィール
(株)六本木事務所
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/rokujimu/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。