« 2017年08月 | Main | 2017年10月 »
歴史や思い出が蘇る展覧会「Items: Is Fashion Modern?」が MoMAで開催
27日の朝はニューヨーク近代美術館こと、MoMAへ10月1日から開催されるエキシビジョン「Items: Is Fashion Modern?」とそれに伴う、限定商品の内覧会へ行ってきました。



MoMAがファッションにフォーカスを置いたエキシビジョンを1944年ぶりに開催するということでワクワクしました。

Items: Is Fashion Modern? というテーマでファッションの歴史や社会に影響を与えた服やアクセサリー、靴など111点を展示しています。



例えばLittle Black Dress (リトル ブラック ドレス)では、20年代のCHANELや、50年代のCHRISTIAN DIOR、60年代GIVENCHYなどを展示。時代をこえ、今改めて見ても記憶に残る美しさ、強さを持っています。


またプラットフォームシューズの歴史は靴が並ぶことによって分かりやすく伝えられ、ベースボールキャップの歴史や、トラックスーツの流行りなど、テーマごとに時代に影響を与えたアイテムをキュレート。
とてもわかりやすい説明が添えられ、見終わる頃にはひとつの歴史本を読み終わったような感覚にされさせられます。

ファッション業界の人はもちろんですが、デザインやアートを学んでいる方、お仕事にされている方が観ても勉強になる展覧会ですし、
また一般の方でも、展示されているアイテムを見ると、あの頃あんな事していたなーとか、あの頃流行った曲が頭に浮かんだり、そうそうあの頃これが欲しかったんだよね!と色々な視点からも楽しむ事ができます。

今年という意味ではメトロポリタン美術館で開催されたコムデギャルソンの展覧会に多く方々が日本からも訪れたと思います。

しかし今回のエキシビジョンは70年以上ぶりにMoMAではファッションにフォーカスを置いたというだけあって、「Items: Is Fashion Modern?」は見所がぎっしり詰まっています。

エキシビジョンに伴って限定商品も発売。

日本のMoMAデザインストアでも一部限定して販売されるということなのですが、どうせならばやはりニューヨークでエキシビジョンを見て欲しいですし、
そして現地のMoMAデザインストアの全ての限定商品が揃ったところでお買い物して欲しい!

内覧会に訪れた方々の中ではMarni, Marry Katrantzou, Rick Owens のシルクスカーフや、Issey Miyakeのシームレスニットシャツに関心を持たれていた方々が多かったように感じます。シームレスニットに至っては、すごくユニークな作りで、例えばTシャツを買った時に襟ぐりが詰まった感じで自分で切っちゃったり、袖を切ってマッスルタンクにすることありますよね。その感覚でニットが自由自在に切って自分流に着れるように作られているのです。


この他にもNew EraのNYヤンキーズのベースボールキャップや、Champion のフーディー、Swatch の腕時計など、ウェアからアクセサリーまで揃っています。

美術館の中ではエキシビジョンが行われている6階フロアにも一部この限定商品が販売され、全ての限定コレクションを見るならば2階にある MoMAデザインストアに行くのをお勧めします。



ニューヨーク近代美術館(MoMA)
展覧会 : Items: Is Fashion Modern?
会期: 2017年 10月1日 から 2018年 1月28まで
場所: 
The Museum of Modern Art
11 West 53 Street, New York, NY
https://www.moma.org/

MoMA Design Store
44 West 53 Street, New York, NY (between 5th & 6th Aves.)
Sunday-Thursday 10:00am - 6:30pm
Friday - Saturday 10:00am - 9pm
 2017/09/29 21:20  この記事のURL  / 

NYnow - 可愛さ全開!フレンチブランド「SEZANE」
今朝はMoMAで10月1日から開催されるエキシビジョン
Items: Is Fashion Modern」のプレスプレビューへ行ってきました。
詳しくは、後日ブログしますが、ファッション業界の方、ファッション好きの方なら特に、楽しめるエキシビジョン。朝からテンション上がりました!

上がったと言えば、、気温。。

もうどうしちゃったの?っていうほど連日残暑が続いているニューヨーク。
女の人なんてマキシドレスでオッケーですし、スキニージーンズとか履くと地獄な感じで、地下鉄のプラットフォームはサウナ状態で、滝のように汗が流れます。。。

太陽燦々、夏が終わるのは寂しいけれど、この暑さは和らいで欲しいです。

今日は女子たちがこぞってお買い物をしているフランスから上陸した
「SEZANE」というブランドをご紹介。



ファッション好きの人の間で密かに人気だったSEZANE が9月にノリータにオープン。
ブラウスやニット類など120ドルほどと買いやすくて、ドレス(ワンピース)も200ドル以下だったり、デザインもフレンチの可愛さがにすごく出ていて目がハートになる。

ニューヨークのお店ではウェア、バッグ、靴、あと雑貨類などもあって、いわばライフスタイルストアっていう感じ。



入り口にはカフェスペースもあって、だいたい買い物に付き添ってきた男性陣たちがここでお茶しながら待っていらっしゃいます。

アパレルとカフェの組み合わせも珍しくないですけれど、こういう感じの女子たちがワクワク、あれもこれも試着してみたい!というお店だったら、カフェのスペースがあれば一緒にきた人に気兼ねなく買い物が楽しめるから助かる。っていうか、カフェ必要でしょ!っていう時代かも。


しかしとにかく売れているみたいで、ウェブサイト見てもSOLD OUT多し!
お店にいってもサイズないのもいっぱいなのー

だから新作入荷したら速攻行かないとなお店です。


SEZANE
254 Elizabeth St, New York, NY 10012
http://www.sezane.com/us


 2017/09/28 05:18  この記事のURL  / 

Apple Store フィフスアヴェニュー店
NY Fashion Week (ニューヨークファッションウィーク)中は、マンハッタンをアップタウンからダウンタウンまで走り回ることが当たり前なんだけど、
この間ミッドタウンに居た時に、フィフスアヴェニューのアップルストアの前を通過した。



相変わらず混んでいるこの店舗。

フィフスアヴェニュー店はいま改装中で、裏手にあるビルに仮店舗として営業を続けてます。

この間のキーノートではこのフィフスアヴェニュー店も2018年後半にはリニューアルオープンするという事が発表されていましたよね!

しかもかなり広くなるようで。。。

最近ではアップルストアのようなサービスも珍しくないし、ストアエクスペリエンス(体験)も良いところも多いから、今回のアップルストアリニューアルではかなりステップアップを期待したいなーって思っちゃう。

来年楽しみですね!

 2017/09/20 07:07  この記事のURL  / 

GREY Jason Wu x Deborah Lippmann 限定色は絶対買い!
皆さん、12日に行われたAppleのキーノートみましたか?

私はまだファッションウィークの取材中で、ちょうどJASON WU (ジェイソン・ウー)の姉妹ブランド「GREY Jason Wu(グレー ジェイソンウー)」のイベントと時間が重なってしまい、その時間はそわそわしてた。

元々ファーストコレクションのJason Wuも好きだし、昨シーズンから始まった「GREY Jason Wu」も気になっていたわけなんだけど、

今回服の域をこえたコラボレーションやイベントを開催するってことだったので、ミスするわけにはいかなかった!


左:デボラ・リップマン 右:ジェイソン・ウー



ネイルブランド、ファッションウィークのバックステージでもお馴染みなDeborah Lippmann (デボラリップマン)とコラボレート。
ショーでモデルたちも付けた、カスタムカラーのグレーの発売を記念して初日はそのイベントが開催されたんだ。

インスタグラム(@nymix)で紹介しているのでそっちで写真をチェックしてね。

しかしほんとこの限定色「GREY DAY」すーーーっごくイイ色!
イベントではその色をデボラリップマンのチームのネイリストの方にフリーで塗ってもらえたんだけど、チームの方によればdeborahlippmann.comでアップされるたびに即完売



イベント会場で絶対買っておいたほうがいいわよ!ってネイリストさんに進められて速攻2本買いーーー!
1本は姉にホリデーギフトとしてあげます(優しい妹)


ちなみにこのGREY DAY という色はオンラインでも完売、イベントでも完売してしまい、皆さんが買うことが出来るのは、2018年春発売となります。

だよね、だって2018年春コレクションのジェイソンウーのショーの為に作られた色だものね。


ちなみに、職業柄ファッションだけに集中するわけには行かず、イベントを取材しながらも、iPadでアップルのリリースをチェックしてましたw



皆さんはiPhone8買いますか? それとも待ってXですかね?


GREY Jason Wu
https://www.greyjasonwu.com/

Deborah Lippmann
https://www.deborahlippmann.com/
 2017/09/19 09:11  この記事のURL  / 

ビルケンシュトック x バーニーズNY
ニューヨークファッションウィークも折り返し地点。

10年くらい前からファッションウィークには取材やら個人的やらで参加していて、今年そこまでショーは回っていないけど、どちらかというとファッション好きの、いわばブランドのお客さまとなる一般の人たちがどんな風にファッションウィークを見ているのか、イベントに参加しているのかなどを一緒になんて体験しているので、いつもよりもかなりハードです。
つまり一部はプレスは通さないので何も優遇もなく、ブランドのファンたちと一緒になってガッツだけでこの華やかなニューヨークファッションシーンを追いかけているわけです。
正に、ファッションジャーナリスト根性ですわ!

土曜日も早朝から色々と見て回っていました。

もうNYは羽織がないとな涼しい気温。

早朝日陰で、秋風吹く中レベッカミンコフのストアイベントに3時間並んだのは、相当きつかった!!!

でも、楽しかったし、ものすごーーーーーーーーく色々なことが勉強になって、またひとつ賢くなったよ。

夜は、日本でファッションジャーナリストとして活躍される宮田さんに紹介をして頂いて、 ビルケンシュトックとバーニーズニューヨークのイベントへ。



今年7月にベルリンを皮切りにスタートした、BOXプロジェクトという世界を巡回するモバイルリテーリング企画。それがニューヨークではバーニーズNYとのパートナーシップによって開催。



ホイットニー美術館前に設営された「BIRKENSTOCK BOX(ビルケンシュトック ボックス)」のポップアップは、ドイツ屈指の建築事務所、ゴンザレス・ハース(Gonzalez Haase)がデザイン。
コンテナを使ったショップの中には、今回バーニーズとコラボしたファーの付いたラックスなアリゾナのサンダルや、バーニーズによってキュレートされたウェアやアクセサリーなどが共に並んで、小さなスペースで物欲が刺激しまくられましたw



ポップアップをチェックした後は、パーティーへ。

招待された方々はどなたもものすごくオシャレで。
男性の招待客はビシッとしたスーツを着ているのに、足元は黒のビルケンシュトック履いていたり、どの方もオシャレ上級者でした。



いやー、しかし来場されていた他の方々も口にしていましたが、
バーニーズニューヨークのパーティーは格別ですね。
会場もホイットニー美術館のアンタイトルドでのパーティー。こちらお食事が美味しいことでも知られていますが、本当にサーブされたフィンガーフード、どれも美味しかった!




Birkenstock
http://www.birkenstock.com/us
 2017/09/12 06:40  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
R I N A yoshikoshi
ファッションに纏わるインターネットビジネスコンサルタント、WEBデザイナー・ディレクターなどを経て、現在は米国ニューヨークを拠点に「ファッション」「リテール」「マーケット」、そしてファッションに纏わる「テクノロジー」の融合、またファッションを通じた「食」との関わりを中心とした執筆。


Follow @nymix on Twitter, Pinterest, Instagram

link
updated

ブログ内を検索
WWW を検索
category archives
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

月別アーカイブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

http://apalog.com/rina/index1_0.rdf