« 2017年04月 | Main | 2017年06月 »
NYシェイクシャック、朝食メニューも激ウマ


日本でも3店舗まで拡大したNY発のバーガーショップ「SHAKE SHACK」。

ニューヨークでは24店舗。
マンハッタン内では、10店舗、他にもクイーンズやブルックリンにも店舗はあります。

今月からは一部のシェイクシャックでブレックファースト(朝食)メニューがスタート

コーヒーのコラボレーションには日本、STUMPTOWN COFFEE (スタンプタウンコーヒー)。


シェイクシャックといえば、2004年からバーバーショップとしてマディソンスクエアパークに正式にオープン。

10年以上飲食店として続くということ自体、今の時代すごいわけで、それが海外までにも進出なんてさらにすごいですよね。


朝食もハンバーガーに負けないくらい美味しいです。




 2017/05/30 06:00  この記事のURL  / 

「ルルレモン」ミッドタウンに出店はあり?



さっき浮上したニュースだけれど、Lululemon(ルルレモン)がミッドタウンに出店するかも?な噂。

場所はというと48丁目&5thという話で、最近までSephora(セフォラ)があった場所。

セフォラは最近そのほんの近いところにお引越しして、素晴らしい最新のストアをオープンしております。この間も行ってきたばかりー! セフォラ大好き。

ブルームバーグの記事によると、とりあえず1年契約って話らしく、気分的にはポップアップみたいな感じでそのエリアでのお客様の温度を確認するって感じなのでしょうか?

なにせニューヨーク、暮らすのもお金かかりますが、お店持つのもものすごくお金がかかります。

簡単には長期リースの契約なんて出来ないですよね^^


あら、いまセフォラのサイトみたら なんかトラブル中みたい。
早くサイトが復活しますようにー。


Lululemon
http://shop.lululemon.com/
 2017/05/23 07:11  この記事のURL  / 

素敵なお店もサヨナラの時がくる


覚えていますか? KIT & ACE (キット&エース)。

Lululemon (ルルレモン)の創設者チップ・ウィルソン氏の奥様と息子さんが立ち上げた、キット&エース。

2014年にブランドはスタート。テクニカルカシミアを売りにしたアスレジャーブランドとして着実にストアも出店。マーケティングも結構頑張っていましたし、日本でも2015年にはポップアップショップで上陸したりしてたんですよね。

個人的には悪くもなく、でも飛び抜けてリピートする感がなくて、記憶をたどればオープンしてから直ぐにストアは見に行ったのに、そのあとは2回くらいしかストアには行った記憶がない。。。。

そんなキット&エースですが今年春に米国の店舗をクローズ。
クローズ後は、ECそしてカナダでのビジネスにフォーカスしているです。

いやー このリテールを持つ、維持する、しかも成長するってのが難しい時代に、
数年の間に5カ国で61店舗ほどキット&エースは出店していたらしいので、その数を維持していくのは厳しかったのかもしれません。


アメリカ在住のみなさん、心配することなかれ、kitandace.comでは商品は買えますよん。


KIT & ACE
https://www.kitandace.com/
 2017/05/23 04:43  この記事のURL  / 

今子供たちの間で流行っているもの
この間小耳にはさんでから気になっていた、いまアメリカの子供達の間で流行っているもの。

それは日本でも昔流行った「スライム」。

ドロッとしたあの、あれ、デス。

プロップ探しにクラフトショップの「Michael's」に行ってみたら、エスカレーター降りた直ぐの、一番目に止まる場所に堂々と「SLIME」のコーナーが!




そうなんです、スライムと言ってもすでに完成したものを買うのではなく(もちろん玩具となった物も売ってるけど)、のりを使って自分で作るのが流行っているのです。



どうやったら「のり」がスライムになるのかというと、

こちらのメーカーののりを、ボウルなどの容器にいれて、コンタクトレンズのソリューションを少しいれて、あとベーキングソーダを入れて、混ぜるだけだそうです。

詳しくはELMER'Sのサイトをチェック>>


しかしコストコじゃあるまいし、普通ののりのサイズと比べると大きなボトルはかなりでかい!




でも、ちょっと試しに作ってみたいかもw
 2017/05/18 07:45  この記事のURL  / 

難しいな、リテールビジネス
この間、五番街を歩いていてポロラルフローレン の前を通るとこの姿。



存在感のあった素敵なお店も今はガランと空き家。

5thアヴェニューはこれだけでなく、もうかれこれ2年くらいはなるのかな?
ジューシークチュールのフラッグシップストアがあった、結構広い物件もまだ空き家。

もっと言ってしまえば、59丁目のブルーミングデールズからレキシントンストリートを渡って、ウィリアムズソノマとポッタリーバーンがあったあの二つも未だ空き。

ソーホーもあちこち空き物件が目立つ。

それでもって今年はまだまだいろいろなブランドが、個人的には出店しすぎちゃったのかな?的な店舗を閉店していくみたいだし、

ほんと「ストア」ってのは買い物客にとってなんなのかなー?って思います。

私は仕事柄こういう視線で街中を歩けば思う訳だけど、一般的には言われてみれば?程度だとは思うけれど、お店にふらーっと入って買う人って今どれだけ居るんだろう?

まず目的がないとストアには行かないだろうし、
もしかしたらサイズないかも?と思ったらやっぱりストアにはいかないし、
なにかストアに行く時間をさくには、理由が欲しい!

アメリカでは兎に角、EXPERIENCE (体験)と EMOTION(感情)が大切なんていうブランドが多くて、それは店舗に限らず、デジタルマーケティングであったり、コンテンツであったり、ECであったり、いろいろとクリティブになって、お客様にいろいろな角度でエクスペリエンスしてもらって、いろいろな感情を掻き立て、エンゲージしてます。


テクノロジーの進化だけが原因というわけでもなくて、良くも悪くも買う側は洗練されて、進化しているから、売る側も進化しなければならないですよね。

素敵な服を作っても売れる訳でもない時代。

リテールビジネスは難しいね。
 2017/05/16 09:30  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
R I N A yoshikoshi
ファッションに纏わるインターネットビジネスコンサルタント、WEBデザイナー・ディレクターなどを経て、現在は米国ニューヨークを拠点に「ファッション」「リテール」「マーケット」、そしてファッションに纏わる「テクノロジー」の融合、またファッションを通じた「食」との関わりを中心とした執筆。


Follow @nymix on Twitter, Pinterest, Instagram

link
updated

ブログ内を検索
WWW を検索
category archives
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

月別アーカイブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

http://apalog.com/rina/index1_0.rdf