« 2011年01月 | Main | 2011年03月 »
カラーでファッションを楽しむ「kate spade」
私が思うにニューヨーク好きの女子ならば、必ずひとつは「kate spade」のバッグを持っているんじゃないかな。

今日に至るまで私も自分で買ったり、お下がりで姉からもらったりと気がつけばかなりの数のケイトスペードを持っている事に気づいたんですよね。

でもその持っているバッグのほとんどがなぜか黒ばかり。

トートバッグも黒。

勝手に「かまぼこ」と呼ばせて頂いていた半円の形をしたショルダーバッグも黒。

かなりかさばる思いしてNYに引っ越してくる時にガッツで持って来た籐のバッグ。


これだけが初めて色物かもしれない。

このバッグかわいくて、まさに孫の代まで受け渡したい。なので、とっても大切に使ってます。


そんなNY生まれのブランドケイトスペードの2011年のコレクションのプレゼンテーションへファッションウィーク中に行かせて頂いたのですが、興奮しましたね〜



2011年は、「LIVE COLORFULLY」というテーマをかかげていて、毎月ケイトスペードではひとつの色を提案しているんです。
1月はレッド、2月はピンク。



今回のプレゼンテーション、実はセレブリティースタイリストのBrad Goreskiがスタイリングしていたんですが、しっかり彼もピンクのシャツ着てましたね。



↑写真左がスタイリストのブラッド、真ん中がkate spadeのクリエイティブ デザイナーのデボラ・ロイド
右側に写っているのは 雑誌「ELLE」のクリエイティブ ディレクター、ジョー・ズィー


今回のプレゼンテーション見ていたら、ファッションだけでなく家の中のインテリアにも色をどんどん取り入れたいなって思った 

色って本当に不思議なエネルギーを持っているよね。

3月はどんな色がテーマなんだろう。
私の大好きなカラー、イエローとかきてくれたら嬉しいな〜。

詳しいコレクションの写真はこちらをチェック↓
NY Collection | kate spade 2011 presentation
http://www.apparel-web.com/collection/2011aw/newyork/kate-spade/



--------------------------
kate spade [official site]
kate spade [日本公式サイト]
kate spade [facebook]
kate spade [twitter]

 2011/02/28 11:47  この記事のURL  / 

モンクレール



Moncler(モンクレール)」のソーホーのストアのウィンドウでみかけたボーダーのトップス。

ちょっと欲しい


--------------------------
Moncler Boutique
90 Prince St
New York, NY 10012
(646) 350-3620
http://moncler.com/


 2011/02/27 03:43  この記事のURL  / 

NYで展示会周りをするポイント


先日リサーチ&バイイングも兼ねて「ジャビッツ コンベンション センター」行われていたアパレルやらアクセサリーやらの展示会へ。

今回はアパレルはリサーチ&趣味程度にパパーッと見る程度でバッグや靴、アクセサリー関係だけじっくり見てきました。

それにしても毎度来てもこの会場はデカイ

まず展示会へ到着したらホテルのチェックインの用に、受付カンターへパスをもらいに行きます。
事前に登録していれば確認作業程度でスームズなのですが、オンラインでの登録締め切り後に行く事が決まった、、なんて人は当日カウンターでフォームに記入、名刺、あとは出展しているブランドなどの過去のオーダーのインヴォイスがあれば、当日でも入れます。

巨大会場なので、スタッフも沢山配備されているのが助かる。

世界中からバイヤーたちが集まってくるのでカスタマーサービスカウンターもあるので安心。




いざ会場に入ったらマップ片手にどこから攻め込む!?って話です。
なんだか、ディズニーランドとかに来た気分になりますよ。

オススメなのは、絶対行かなくてはならないブランドから行く事。
でないと、絶対に一カ所で時間がかかるので慣れない人は目的を制覇出来ずに終わる、、なんてこともあります。


今回立ち寄ったブランドさんのセールスの人に聞いても、今回も非常に日本からのバイヤーたちが多かったと。。円高だからですかね?
なんだかんだ物が売れないとか良いながらも、まだまだ日本は海外ブランド売れる!?



ただ、オーダーをする時にはミニマムオーダー(金額/個数)があるので、頼みたいけどそこまで予算ない。。ってなってオーダー断念なんてこともなきにしもあらず。
でも、まーそこは交渉上手だと実はいけるんですけどねっ!

例えばアクセサリー系のブランドでは、コレクションごとにミニマムオーダーがあったりする場合もあるんですよ。


展示会のアテンドや、バイイングやらのお手伝いをたまにするのですが、けして楽なお仕事ではありませぬ。(もし、ご相談ある方は、メール下さいませ)

展示会で行けなかった所は、後でショールームに行く時も。


次に大きな展示会があるのは5月(ゴールデンウィーク頃)。

是非次回は行ってみたいと思われている方。

足の疲れない靴はマスト!
そして会場内はかなり乾燥しているので、お水とのど飴があると良し。

あと5月はかなり会場内が涼しくなっているので、外が暑いからと行って薄着してくるとかなり体が冷えますので、羽織ものはお持ち下さいね。


--------------------------
Javits Center
http://www.javitscenter.com/




http://www.newyork-mix.com
 2011/02/25 11:08  この記事のURL  / 

アンナ・デッロ・ルッソ「TORY BURCH」な1日

courtesy of TORY BURCH


TORY BURCH(トリー バーチ)」といえば、ブランドの共同設立者兼クリエイティブディレクターのトリー・バーチ本人の、洗練された美的センスがブランドの人気の秘訣となっている手の届くラグジュアリーブランド。
ニューヨークを代表するファッションブランドのひとつで、日本でも銀座の並木通りにストアがオープンしましたよね。

トリー・バーチは、ファッションブランドの中でも積極的にソーシャルメディアの活用やお客様との交流を大事にし、常にワクワクさせる情報を発信しているNYデザイナーのひとり。

中でも、Fall 2011 New York Fashion Week中にTORY BURCHは、『VOGUE NIPPON』のファッション・ディレクター・アット・ラージであるアンナ・デッロ・ルッソを特集

ファッションウィーク中の彼女の1日というコンセプトで、アンナ自らTORY BURCHのスプリングコレクションよりアイテムを選んでもらい、着用したものをトリーのブログでアップがされています。

スタイルアイコンとも言えるアンナのスタイリングアイディアを是非、トリー バーチのブログでチェックしてみて下さいね!


------------------------------------------------
TORY BURCH [official site]
TORY BURCH [日本公式サイト]

TORY BURCH [blog]
TORY BURCH [facebook]
TORY BURCH [twitter]
 2011/02/24 06:03  この記事のURL  / 

NYファッションウィーク ハイライト
 2011/02/22 10:44  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
R I N A yoshikoshi
ファッションに纏わるインターネットビジネスコンサルタント、WEBデザイナー・ディレクターなどを経て、現在は米国ニューヨークを拠点に「ファッション」「リテール」「マーケット」、そしてファッションに纏わる「テクノロジー」の融合、またファッションを通じた「食」との関わりを中心とした執筆。


Follow @nymix on Twitter, Pinterest, Instagram

link
updated

ブログ内を検索
WWW を検索
category archives
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

月別アーカイブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

http://apalog.com/rina/index1_0.rdf