Main | コスメ »
VETEMENTS @ BG
先月くらいの話になるけれど、バーグドルフグッドマンへ行った時にみた
VETEMENTS(ヴェトモン)のVMDが素敵だった。



味気ない地味なロッカーも、VETEMENTSって付けて、服がロッカーの中に並ぶ。

そしてベンチがあるだけで、なんだか超かっこいい。



服が吊るされる売り場の中に、パッとこういうのがあるとすごく新鮮だし、目に止まる。



Bergdorf Goodman
http://www.bergdorfgoodman.com/
 2017/10/31 05:05  この記事のURL  / 

EVERLANE ノードストロムでポップアップ
大好きなブランド「EVERLANE(エバーレーン)」が、everlane.comやサンフランシスコ、そしてニューヨークにあるショールーム以外で新たに、百貨店のNORDSTROMの一部店舗そしてnordstrom.comで購入することが出来るようになりました!



EVERLANE といえば、最近デニムのコレクションを発売して話題に。
ちょっと前にはブロックヒールの靴を発売してそれもかなり人気でしたし、真夏に発売されたスリップドレスもすごい勢いで売れちゃったし、どんどんブランドは成長しています。

FASHION x IT コラム
Vol.87 徹底した透明性を図る「エバーレーン」が今秋デニムを発売 その履き心地は?

いまの時代、今回のEVERLANE at NORDSTROM Pop-up のように、自分たちでショップを出店しなくても、ポップアップという形で他のリテールとパートナーを組んでお店を持つことも出来るのが良いですよね。

ECがあれば、別にオーダーして合わなかったら返品や交換すればいいだけなので良いけれど、時間があれば試着する場所や素材を確認できるポップアップやショールーム型があると便利だなと思うことは実際にある、ある!

きっとポップアップでお客様の反応がよかったら、Bonobos , Madewell , J.Crew , Topshopの様に、パーソナーブランドとしてNORDSTROMで取り扱いになるかも!?


EVERLANE
https://www.everlane.com/

EVERLANE at Nordstrom Pop-up

 2017/10/03 05:50  この記事のURL  / 

歴史や思い出が蘇る展覧会「Items: Is Fashion Modern?」が MoMAで開催
27日の朝はニューヨーク近代美術館こと、MoMAへ10月1日から開催されるエキシビジョン「Items: Is Fashion Modern?」とそれに伴う、限定商品の内覧会へ行ってきました。



MoMAがファッションにフォーカスを置いたエキシビジョンを1944年ぶりに開催するということでワクワクしました。

Items: Is Fashion Modern? というテーマでファッションの歴史や社会に影響を与えた服やアクセサリー、靴など111点を展示しています。



例えばLittle Black Dress (リトル ブラック ドレス)では、20年代のCHANELや、50年代のCHRISTIAN DIOR、60年代GIVENCHYなどを展示。時代をこえ、今改めて見ても記憶に残る美しさ、強さを持っています。


またプラットフォームシューズの歴史は靴が並ぶことによって分かりやすく伝えられ、ベースボールキャップの歴史や、トラックスーツの流行りなど、テーマごとに時代に影響を与えたアイテムをキュレート。
とてもわかりやすい説明が添えられ、見終わる頃にはひとつの歴史本を読み終わったような感覚にされさせられます。

ファッション業界の人はもちろんですが、デザインやアートを学んでいる方、お仕事にされている方が観ても勉強になる展覧会ですし、
また一般の方でも、展示されているアイテムを見ると、あの頃あんな事していたなーとか、あの頃流行った曲が頭に浮かんだり、そうそうあの頃これが欲しかったんだよね!と色々な視点からも楽しむ事ができます。

今年という意味ではメトロポリタン美術館で開催されたコムデギャルソンの展覧会に多く方々が日本からも訪れたと思います。

しかし今回のエキシビジョンは70年以上ぶりにMoMAではファッションにフォーカスを置いたというだけあって、「Items: Is Fashion Modern?」は見所がぎっしり詰まっています。

エキシビジョンに伴って限定商品も発売。

日本のMoMAデザインストアでも一部限定して販売されるということなのですが、どうせならばやはりニューヨークでエキシビジョンを見て欲しいですし、
そして現地のMoMAデザインストアの全ての限定商品が揃ったところでお買い物して欲しい!

内覧会に訪れた方々の中ではMarni, Marry Katrantzou, Rick Owens のシルクスカーフや、Issey Miyakeのシームレスニットシャツに関心を持たれていた方々が多かったように感じます。シームレスニットに至っては、すごくユニークな作りで、例えばTシャツを買った時に襟ぐりが詰まった感じで自分で切っちゃったり、袖を切ってマッスルタンクにすることありますよね。その感覚でニットが自由自在に切って自分流に着れるように作られているのです。


この他にもNew EraのNYヤンキーズのベースボールキャップや、Champion のフーディー、Swatch の腕時計など、ウェアからアクセサリーまで揃っています。

美術館の中ではエキシビジョンが行われている6階フロアにも一部この限定商品が販売され、全ての限定コレクションを見るならば2階にある MoMAデザインストアに行くのをお勧めします。



ニューヨーク近代美術館(MoMA)
展覧会 : Items: Is Fashion Modern?
会期: 2017年 10月1日 から 2018年 1月28まで
場所: 
The Museum of Modern Art
11 West 53 Street, New York, NY
https://www.moma.org/

MoMA Design Store
44 West 53 Street, New York, NY (between 5th & 6th Aves.)
Sunday-Thursday 10:00am - 6:30pm
Friday - Saturday 10:00am - 9pm
 2017/09/29 21:20  この記事のURL  / 

NYファッションウィークも間近!
1日、1日が過ぎていくのが早いですね。

独立記念日(7月4日)が過ぎると、なんだか更に早く感じるのです。

8月はニューヨーカーもバケーションに出ていることがほとんどなので、静かな感じがしましたが、9月に入り、よく街中ではNEW YORK FASHION WEEK のショーのキャスティングに向かうモデルたちを見かけます。



メールや郵便でもちょこちょこ招待状が届いています。
郵便で届く招待状は、ブランドのテイストが出るので届いた際に開けるのが楽しみです。
どんなにメールが便利でも、郵便でなにか届くってやっぱりいいものですよね。


朝晩ひんやりする気温になってきて、Gジャンやレザージャケットを羽織る人も多いです。

今週はレイバーデーの連休。月曜日は祝日のアメリカ。

とは言えどもファッションウィークのスケジュールをどうするのかとか、どうやったら賢くハシゴ出来るのか、せっかくの連休なのに頭が痛いですー。

9月はとくにショーとは別に様々なイベントも開催されるので、そっちにも興味深々です。

またその模様はブログやコラムでお伝えしますね!

 2017/09/04 07:22  この記事のURL  / 

体験・コミュニティー型ストアといったら「アメリカンガール」

小さい頃はあまりお人形さんには関心が低かった私ですが、この間 American Girl(アメリカンガール)のストアの前を通ったら、目をキラキラさせた子供達が各々のお人形さんを持って、親やお友達とお店に入っていく姿を見て、思わず私も久しぶりに行ってみました。

関心は低くとも、お店に入ると、夢がたくさん詰まった間に圧倒されます。

きっとキティーランドとかディズニーランドも好きな人にとっては同じ感じなのかもしれないけれど、アメリカンガールにはコミュニティーがあるんですよね。

ヘアサロンがあって、お人形のヘアスタイルを変えられたり、


カフェがあって、お人形さんと一緒にみんなでランチしたり、バースデーパーティー開いたり。

来店しているほとんどの女の子が自分のお人形と一緒にお店に来て、一緒にお買い物して、楽しむ。これってすごいでしょ、やっぱり!

もちろん記念写真、今で言うところのセルフィー撮るスポットもたくさんあって、
体験型のストアとしてはかなり先行くブランドなのです。

そのアメリカンガールも、昨年でたニュースだと今年の秋くらいに、テクノロジーも導入した、最新の体験型ストアをオープンさせるって話でさ。

お人形に関心なくてもブランドが行うサービスには興味深々です!


American Girl - NY Flagship store
609 5th Ave, New York, NY 10017
http://www.americangirl.com/
 2017/08/24 07:30  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
R I N A yoshikoshi
ファッションに纏わるインターネットビジネスコンサルタント、WEBデザイナー・ディレクターなどを経て、現在は米国ニューヨークを拠点に「ファッション」「リテール」「マーケット」、そしてファッションに纏わる「テクノロジー」の融合、またファッションを通じた「食」との関わりを中心とした執筆。


Follow @nymix on Twitter, Pinterest, Instagram

link
updated

ブログ内を検索
WWW を検索
category archives
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

月別アーカイブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

http://apalog.com/rina/index1_0.rdf