« アメリカ/ネット系 | Main | NYビデオブログ »
漫画がアメリカを制服する!?
この間片付けをしていたら、2007年の
WIREDマガジンが出てきた!
前の私のブログ、SCOOP NEW YORKの時に多分、SOHOにHot Wiredの期間限定のストアがオープンしてて、その時タダで配られていたこの雑誌のこと書いたかもしれないです。
Hot Wiredってのは、最新のテクノロジー系の情報やサブカルチャー系の情報等を中心に取り上げている雑誌、ご存知の方も多いかもしれないですね。

今アパレルウェブでブログを書いている栗田さん山中さん谷中さん、そしてもちろんアパレルウェブの方もパリで開催のJAPAN EXPOへ行かれているので、私もなんか日本コミケネタをと思っていたところ、この雑誌が。

MANGA Conquers AMERICA
漫画がアメリカを制服!


記事の内容は、日本の漫画・アニメがアメリカやヨーロッパの広範囲で慣れ親しまれていて、世界のポップカルチャーに新しい変化をもたらすきっかけになっているとかって、すごい高い評価がされているんですよね。



↑10ページに渡る、Wired誌内のショート漫画には麻生総理も登場してたりしています。
そう思うと、今年に入って麻生総理が「ジャパンクール」について日本の漫画、ファッションをもっと海外へ!って言ってましたよね。
そう思うと、麻生総理は何年も前から「日本文化よ!もっと海外へ」って言い続けていたのかもしれません。


余談だけど、、
最近2作目が公開された映画、「TRANSFORMER(トランスフォーマー)REVENGE」。
観ましたか?すごい迫力で目がつかれたけど面白かった〜

1作目の中で、主人公のサムが初めてオートボット(トランスフォーマー)と遭遇したときに、「絶対これは日本のロボットに違いない!」みたいなセリフがあったの覚えてます?
ロボットやゲームなどの技術系だったり漫画/アニメだったりの話題になると、やっぱり日本でしょ!って話になるなーって思った。
 2009/07/07 06:02  この記事のURL  / 

NYに映画の季節がやってきたヨ!
Tribecca Film Festival




トライベッカ・フィルム・フェスティバルが来週の4/22日からニューヨークで始まります!

トライベッカ・フィルム・フェスティバルが始まると、あー春だ〜!と思うのは私だけでしょうか。

今年、日本からはあのアカデミー賞も受賞した「DEPARTURES (おくりびと)」が上映されます!

私は実は前回の日本出張の飛行機の機内でラッキーにも観ることが出来たのですが、賞を取るだけにとっても良いフィルムだったと思います。
それこそ、日本の文化や日本人が持つ特有の気持ちの表現の仕方なのが色々なシーンで表現されています。

是非、チャンスがあればトライベッカ・フィルム・フェスティバルでも上映されるのでニューヨーカーの皆さま、チェックしてみて下さい!


あともう1本、日本からの出品は「STILL WALKING(歩いても 歩いても)」。
Nobody Knows(誰も知らない)の監督でもある是枝裕和監督の作品。

もちろんその他にも、沢山のインディペンデント映画などなど沢山上映されますので、ニューヨーカーの皆さん、この時期にニューヨークへ旅行へ来られる方是非、個性あふれるフィルムを楽しんで下さいね。


********************************************
Tribecca Film Festival
http://www.tribecafilm.com/

Hirokazu Koreeda
http://www.kore-eda.com/

Departures Official movie site
http://www.departures-themovie.com/



from New York
4/13, 7:41PM
 2009/04/14 23:54  この記事のURL  / 

日本のゴスロリファッション急増中!?
Gothic and Lolita Fashion


Facebook(フェースブック)といえば、今やMySpaceを超えるコミュニティーサイト。日本でいうところのMixi(ミクシー)みたいなものですね。

金曜日のブログに引き続き千金楽さんのブログを読んでちょっと「ゴスロリ」調査をFacebookでしてみたんですけどね、

実は、Facebook内のゴシック&ロリータ系のコミュニティーは、小さいのから大きいのまで199種あって、最もメンバー数をもつ人気のコミュニティートップ1はGothic and Lolita Fashion

1位:Gothic and Lolita Fashion(メンバー数:7157名)
 2位:♠ Gothic Lolita ♠(メンバー数:3227名)
 3位:|+| GoThic AnGeLs |+|(メンバー数:2538名)
(※このメンバー数は4/12に各コミュニティを調べた時の数字になります)

いわゆる高級ブランドやセレブのコミュニティーページでメンバー数が何万人って多いのは当然の事だと思いますけど、やはり世界中に居ますね、ゴスロリファン。

というよりかファンというよりも、既にそれはどこの国に住んでいようと、彼女たちのライフスタイルなんでしょうね。
だって、普通にゴスロリなスタイリングをしてどこへでだって出かけて行くんだもの

このコミュが人気なのは、しっかりとこのコミュの趣旨を説明していることで、ある意味クロリティーの管理がされているんでしょうね。そこはハイファッションと変わらないのでは。

それにしても興味深いのがこのゴスロリ#1コミュの創設者のひとりがなんと同じニューヨークに住んでいるみたいなんです。(他、2名はオーストラリアとドレクセル在住)。

チャンスがあれば会ってみたいとですよね〜。
きっと会ったら、私よりも日本の事知ってたりするんだろうな。

こうやってググって探って行くと、実はたくさんJAPAN COOL(ジャパンクール)は存在しているのです。


つづく。。。。

ブログの中にカテゴリーに「ジャパンクール/USA」というのを作ってみました。


from New York
4/13, 12:58AM
 2009/04/13 13:59  この記事のURL  / 

海外ドラマにも登場 ゴスロリファッション
TV Show and the Goth Fashion

ゴスロリファッションで有名なキャラが出ている海外ドラマ番組は?

と言えば、もちろん!
米CBSで放送されている「NCIS」(邦題:NCIS〜ネイビー犯罪捜査班)。


Nielsen Media社の全米視聴率らんきんぐによれば、なんと「NCIS」は4位に!
しかも、1位〜3位はアメリカンアイドルとダンシング・ウィズ・ザ・スターだから実質ドラマ番組としては全米視聴率1位ってことですよ。


データ:Nielsen Media Research: 3/30〜4/5
その大人気ドラマの科学捜査のスペシャリスト、アビー役を演じるポーリー・ペレット 。

アビーのキャラは、
「アビーはマルチ分析官で、化学、DNA、指紋鑑定、書類分析までこなす。」

ここまでの読むとバリバリのキャリア系?って想像する方も多いでしょうが、そこは人気ドラマだけに違うんです!

ゴシック系の服装を好み、タトゥーは9か所。そしてカフェイン中毒のアビーは”カフェパウ”というカフェイン入りの飲みものを常に飲んでいる(そのサイズ、日本じゃあり得ないサイズ!)」。

どんな難題の事件でもプロ根性でものすごいスピードで分析してしまうアビー。
でもその毎日に職場に出向くスタイルは「ゴシック系」バリバリなんです。

今週放送されたエピソードはアビーが中心のストーリーだったので、とくに彼女のスタイリングも凝っていました。このバッグとか何気にかわいかったもん!

photo: CBS Network / NCIS


おそるべし日本のサブカルチャー。
日本生まれのゴスロリファッションは、今や全米ナンバー1のドラマの中でも登場している。


******************************************
Wikipediaより:
『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(原題 NCIS)はアメリカ・CBSで2003年から放送されているテレビドラマ(海外ドラマ)シリーズ。
2003年に同じくCBSで放送されていた犯罪捜査官ネイビーファイル内で実質的なパイロット版が制作・放送され、同年に犯罪捜査官ネイビーファイルのスピンオフ作品として放送を開始した。
日本ではシーズン1がFOXCRIME、シーズン2以降はFOXチャンネルにて放送している。現在アメリカではシーズン6が放送中である。日本ではシーズン3までの放送が終了している。


NCIS (CBS Network)
http://www.cbs.com/primetime/ncis/



from New York
4/9, 10:54PM
 2009/04/10 12:00  この記事のURL  / 

プロフィール
R I N A yoshikoshi
ファッションに纏わるインターネットビジネスコンサルタント、WEBデザイナー・ディレクターなどを経て、現在は米国ニューヨークを拠点に「ファッション」「リテール」「マーケット」、そしてファッションに纏わる「テクノロジー」の融合、またファッションを通じた「食」との関わりを中心とした執筆。


Follow @nymix on Twitter, Pinterest, Instagram

link
updated

ブログ内を検索
WWW を検索
category archives
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

月別アーカイブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

http://apalog.com/rina/index1_0.rdf