« セレブ | Main | グルメ »
NYnow - 展示会事情
今日はジャビッツセンターで開催中のランジェリーとスイムウエアの展示会「CURVE NY」へ行ってきましたー。

何が驚いたってハドソンヤードの開発エリアの進行具合。

結構建設中の建物が形になっているのもあって、2019年には本当にこの辺りがガラッと変わった、近代的なエリアになる感じがだんだんイメージできるようになってきています。

ジャビッツセンターは外見はガラス張りで以外と新しい感じはありますが、中はなーんか今っぽくなくて、、特に地下のフロアなんてすごく暗いし、そのフロアにフード系があるのですが、窓も無い暗い感じの場所で食べるアンヘルシーな食事はいつも凹みます。

それはさておき展示会。




今日は最終日だったのでバイヤーの出も少なかったですが、どうやら全体的に開催規模が小さくなっていると聞きました。また普段足を運んでいる大きなリテールのバイヤーも来なくなっているとか。。。

展示会で新しいブランドを発掘するって時代でも無いですし、
今は展示会だけでなくてもコレクションの発表の仕方はあるので、高い出展費をかけて参加したり、旅費をかけてバイイングに来なくてもいいかなーって思っている人は結構いるのだと思います。

展示会の在り方もどう進化していけば良い物ですかねー

 2017/08/09 08:04  この記事のURL  / 

今最も注目されるリテールとEコマースのカンファレンス「SHOPTALK」
まだ冬のニューヨークから脱出して、いまラスベガスに来ております。

ラスベガスで開催されているリテールとEコマースのカンファレンス「SHOPTALK(ショップトーク)」の取材に来ています。



CEOレベルの人間やエグゼクティブレベルが多くスピーカーとして登壇するこのカンファレンス。今年でまだ2回目なのですが、一回目からかなりの注目度。
去年はスケジュール的に参加できなかったので、今年はガッツでスケジュール調整して参加です。

175の新商品、新サービス、などなんらかの発表が行われます。

私もアパレルウェブの取材で取材陣の一員として参加してますが、大きな媒体ではウォールストリートジャーナルや、CNBC(TV局)、TechCrunch や Recode など有名どころはみなさん取材にきております。



今年は世界40ヵ国以上からこのSHOPTALKに参加しています。

日本からは私がお誘いした企業の方とあとはほんのチラホラ、、、多分大手企業の方々だと思われる人が来ている程度で、ほんとごくごくごく数える程、少数企業が参加している程度だと思われます。

しかし今最も熱いこのカンファレンス!

来年の開催にはきっと日本からの参加者も増えることと思われます。

みなさん、今から英語を少しでもお勉強しておかれると良いかもです。
なにせスピーカーの方々は早口な人多いですからw


では、続きは次回コラムでお伝えしますね。
 2017/03/20 12:30  この記事のURL  / 

NY展示会


この間 ウィメンズのRTWや、アクセサリーなどを集めた展示会「Capsule」へ行ってきた。

Capsule(カプセル)というは、ジャビッツセンターで開催される「Corterie」などの大手ブランドが多く参加する展示会よりも、どちらかといえば、これから伸びていくだろうブランドを発掘できたり、また規模は大手並ではないにせよ、安定したコレクションを展開し、支持の高いブランドなどが参加する展示会。

このところNYの展示会はロウワーマンハッタンだったり、ハドソン川のPierで開催されたりと、会場がころころと変わっていたのですが、今回のカプセルは、ファッションウィークの会場としても利用される グリニッジビレッジにある、Skylight Clarkson(スカイライトクラークソン)での開催。

最寄りの駅でいうと、地下鉄で青のラインの「Spring st」や赤のラインの「Houston st」が便利。そのまま降ればトライベッカへも行けるし、上にいけばチェルシーと、展示会後も便利なのです。

やはり展示会もファッションショーも、来場する人の気持ち、スケジュールに配慮して場所選びをしてくれると本当に助かります。



夏場に開催される展示会よりも、冬場(1月、2月)のNYでの展示会は、全体的に来場者も少なめの印象があったのですが、今回は春のような陽気にも助けられたのか、特に初日は良い流れを感じる人の入りでした。

しかも目に見えて日本人のバイヤーさんたちが目立った!
もちろん、ひとり、ひとり調べているわけではないので現地のバイヤーさんらもいらっしゃったとは思いますが、あちこちとみて回っていて、あれ、また日本人だ、あそこにも日本人だ!と、日本語がやたらと耳に飛び込んできた。

知り合いでもないけれど、こうして日本からのバイヤーさんを見かけると嬉しいものです。

買い付けるだけでなく、リサーチにいらしている方も多いですよね。

チャンスあればこうしてやはり海外の展示会を見て回るのはオススメです。


(Capsule)
http://capsuleshow.com/


 2017/03/06 07:20  この記事のURL  / 

34th Street Hudson Yard駅、開通は今秋!
ニューヨークの展示会というと、マンハッタンの東側、ハドソン川の近くにあるジェビッツコンベンションセンター(Javits Convention Center)で開催されることがあります。

ジェビッツセンターに行くには、34丁目/8アヴェの駅で降りて、バスを待って乗って近くまでいくことも出来ますが、4ブロックほど東に歩いていくのが一番簡単。

ただ暑かったり、寒かったり、雨でも降ろうものならばやはり不便で、近くに電車が走ってくれたら楽なのにと思ってきたわけです。



その願いが今年の秋に叶います!


数年かけて続けられてきた地下鉄の工事がもう完成間近なのだとか。

MTAの発表によれば「34th Street Hudson Yard」の駅は、9月13日までに完成されるんですって。


ということは、9月半ばに開催されるウィメンズのアパレルの展示会の頃には便利に7番の電車に乗ってジャビッツセンターへいけるということだ!


秋にニューヨークへ来られる方、忘れずに覚えておいてくださいね。



 2015/07/30 05:42  この記事のURL  / 

女子度をあげるNY発のランジェリーブランド「リリピアーチェ」、来月CURVEに出展
7月のNYメンズマーケットが終わると、
8月はランジェリーとスイムウェアの展示会「CURVE EXPO NY

今年も私が応援しているニューヨーク発のランジェリーブランド 「Lili Piache」 が出店します。

リリピアーチェのことは、この間の冬に日本のルームスでの展示会で実際のコレクションを見て頂いて、オーダーして下さった方がたくさんいらっしゃると聞きました。





展示会は今年も、ジャビッツセンターで8月3、4、5日に開催されます。


日本から展示会の視察や、バイヤーとしていらっしゃる方でリリピアーチェとアポイントメントを取りたい方は、 sales (at) lilipiache.com までメールでお問い合わせ下さい。


もう直前ですので、当日!って方は是非是非、ブース#519へ立ち寄ってみて下さいね。


昨シーズンはアーバンアウトフィッターズグループのブライダルブランド、「BHLDN」でリリピアーチェの商品が展開されました。

今回はどんな世界のリテーラーやショップから声がかかるか楽しみですね!

------------------------------------
CURVE EXPO | Lingerie and Swim Show
DATE: August 3, 4, 5th, 2014
LOCATION: Javits Center North
http://www.curvexpo.com/


Lili Piache
website: http://lilipiache.com/
日本語ブログ: http://ameblo.jp/lilipiache/
 2014/07/29 05:53  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
R I N A yoshikoshi
ファッションに纏わるインターネットビジネスコンサルタント、WEBデザイナー・ディレクターなどを経て、現在は米国ニューヨークを拠点に「ファッション」「リテール」「マーケット」、そしてファッションに纏わる「テクノロジー」の融合、またファッションを通じた「食」との関わりを中心とした執筆。


Follow @nymix on Twitter, Pinterest, Instagram

link
updated

ブログ内を検索
WWW を検索
category archives
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

月別アーカイブ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

http://apalog.com/rina/index1_0.rdf