« 前へ | Main | 次へ »
ファッションと科学のクロスオーバー スプツニ子!と「ハニカムモード」がコラボ



ファッションとアートの接近が近年の大きな流れとなっていますが、近頃はそこに科学や理系ムードが加わってきたようです。ファッションプロダクトにも先端技術やサイエンス風味を生かす動きが広がっていて、これまでは文系の色が濃かったおしゃれの世界に変化の兆しが見えています。

サイエンス志向や未来感覚を取り入れた作風で知られる現代アーティスト「スプツニ子!」さんと、そごう・西武のライフスタイルストア「ハニカムモード」がコラボレートコレクションを2017年8月18日、西武渋谷店、ハニカムモード各店で発売しました。西武渋谷店ではスプツニ子!さんの展覧会「bionic by sputniko!」を9月3日(日)まで開催しています(A館7階特設会場)。展覧会の初日にスプツニ子!さんのトークショーも開催されました。

今回のコラボコレクションでは「培養・増殖」をコンセプトに据えて、細胞をデザインモチーフに採用。ケーブル二ットドレスやフェザーモール二ット、ケーブル二ットトップス、細胞柄プリントTシャツ、細胞柄トートバッグなどを用意しました。







これまでいろいろな柄を見てきましたが、細胞モチーフは初めて。理系と言っても、物理や数学ではなく、こちらは生物系。直線がない分、無機質なイメージは遠ざけられています。ケーブルニットにはたっぷりのフェザーがあしらわれ、有機的なムードを醸し出しています。

スプツニ子!さんは「私にとってファッションとは、自らの思想・哲学を主張するためのデモンストレーションだ。世界中の都市空間で、異なるファッション=思想同士が遭遇し、今も無数のセレンディピティが起きている。この商品たちが未来について多様な議論を生み出す契機となることを願っている」と語っています。

展覧会「bionic by sputniko!」ではスプツニ子!さんのアート作品が集められています。「衣服もバイオ技術で作ることのできる時代が訪れたとしたら?」という仮説に基づいて、身体拡張としてのファッションの未来を考えています。衣服がバイオから生成される様子をインスタレーションで表現する試み。スプツニ子!さんは2015年にも、「光るシルク」を使って仕立てたドレスを披露した展覧会「Tranceflora エイミの光るシルク」を開いていて、私はそちらも拝見しています(記事はこちら)。

先端的テクノロジーはファッションを書き換え始めています。インスピレーションソースになったり、機能性素材になったりと、生かし方は様々です。衣服の大量生産では化学や工業の果たす役割が大きかったのですが、バイオテクノロジーや生化学、医学はこの先、ファッションのありようをダイナミックに変容させる可能性を秘めています。そんな「理系ファッション」の可能性について下記の記事で取り上げました。

どう取り入れる?ユニクロからグッチまで「理系ファッション」続々
https://www.fashionsnap.com/inside/sciencefashion/

たとえば、自在に着脱できるタトゥーのような形で染料を直接、素肌に施すことができるようになれば、着心地を気にせずに済む服が誕生します。ダイエット効果の期待できる服や、眠気を抑えてくれる服などにも夢が膨らみます。大学で数学科と情報工学科を修めているスプツニ子!さんはサイエンスとアート、デザインの越境が可能な資質を生かして、ファッションの未来を予感させてくれました。ファッション業界にもこういったボーダーレスな人材や取り組みが求められているようです。





スプツニ子!展 in Shibuya
bionic by sputniko!
2017年8月18日(金)〜9月3日(日)
西武渋谷店 A館7階=特設会場
https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/kakutensublist/?article_seq=244895


*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

 2017/08/20 11:40  この記事のURL  / 

売り場に靴製造ロボット出現 ミニ工場がもたらすテック風味や特別感




産業界ではAI(人工知能)やロボットの話題が尽きませんが、ファッションの売り場にもロボットが登場。アウトドア・フットウェアブランドの「KEEN(キーン)」はポップアップショップ(期間限定店舗)に専用のロボットを設置。靴のカスタムオーダーを提供し始めました。

これまでもカスタムメイドやオーダー、別注のサービスを店頭で提供する例はありました。でも、それは熟練の職人が注文を受ける形が大半、それに対して、今回のオーダーを引き受け、スニーカーを仕上げるのは、2本のアームを持つロボットの「UNEEKBOT(ユニークボット)」です。

ファッションを取り巻く空気にテクノロジーやサイエンスのムードが濃くなってきています。特殊な機能を備えた服や、光の効果で見た目が変わるアイテムなどが相次いで登場。宇宙や技術をテーマにしたモチーフ、インスピレーションソースも増える傾向にあります。ロボットは未来的イメージのシンボル的な存在と言えるでしょう。

今回の「ミニ工場」はインダストリアルな雰囲気を帯びているところにも新しさが感じられます。これまでは製造工程と売り場は意識的に切り離されてきましたが、消費者のテック志向の強まりを背景に、ロボットを前面に押し出しています。先端的テクノロジーを詰め込んだスマートフォンを手放せなくなった現代人は以前に比べてハイテクを身近に感じるようになっています。





東京の「ビームス 原宿」、大阪の「ビームス ストリート 梅田」の2店舗で開催されるポップアップショップ「UNEEK MADE IN BEAMS」では、「KEEN」のオープンエア・スニーカー「UNEEK(ユニーク)」をカスタムオーダーできます(足数限定)。パーツやソールなど、計8カ所のカスタマイズが可能。約1600通りの組み合わせが可能です。

一般的な消費者が工業用ロボットが実際に製品を作り上げる過程を目にする機会はなかなかありません。その意味では店頭に出現するロボットとの遭遇はちょっとした社会科見学にも似た「特別な体験」をもたらします。多くの商品がオンラインショッピングで手に入る時代に、店頭でのリアルサプライズは貴重な来店機会を呼び込んでくれます。

オリジナルのカスタマイズを施すことができると、特別な愛着がわくもの。自分が指定したカスタマイズ項目を目の前のロボットが忠実に反映したシューズはこの上なくオンリーワンの存在。「特別な体験」の記憶をまとったシューズは、自分らしいコーディネートのキーパーツになるはずです。これからのファッションアイテム販売ではこういったテック感、オンリーワン性、体験記憶などが重要な演出となっていく予感がします。

UNEEK MADE IN BEAMS - THE WORLD’S SMALLEST SHOE FACTORY
ビームス 原宿:8月4日(金)〜 8月13日(日)11:00-20:00(各日先着10名)
ビームス ストリート 梅田:8月18日(金)〜 8月27日(日)11:00-20:00(各日先着10名)

BEAMS
http://www.beams.co.jp/

KEEN
http://global.keenfootwear.com/ja-jp/


*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2017/08/02 10:00  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧