« 前へ | Main | 次へ »
「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)」のお茶会@根津美術館・茶室












セレクトショップの「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)」が提案する「Serendipity=偶然の出会い」をコンセプトにインスピレーションを感じる体験が味わえる「お茶会」に参加させていただきました。場所は根津美術館の茶室「閑中庵・牛部屋(かんちゅうあん・うしべや)」です。

京都から招かれた茶人の中山qセ朗さんがお茶をたててくださいました。鴨川でお茶を振る舞う「鴨茶」でも知られる、現在に接続する茶の湯のあり方をテーマに活動を続けている方だそうです。ガリャルダガランテの今季のテーマである「スポンテニアス(spontaneous)=(自由奔放、その人任せ)」をイメージしたお茶菓子と、中山さんがたててくださったお茶をディレクターの山ア修さんが出してくださいました。場の雰囲気にぴったりのお茶とお茶菓子を味わいながら皆さんと過ごした楽しいひとときでした。

「茶室」というのは、実に興味深い「場」だとあらためて感じました。割と狭い小部屋であり、中に入ってからは、そこに流れる時間を楽しむ以外にすることがない空間です。やることがほかにないからこそ、目の前の器やお茶そのもの、そして亭主のもてなしに自然と意識を集中できます。普段は湯飲みを「道具」としてややぞんざいに扱っていますが、ここでは茶碗をじっくりと眺めるのが自然な所作に感じられます。こんな機会がなければ、体験できなかったかもしれない意識の持ちようで、これぞセレンディピティだと感じました。

アルミ製の茶杓は、壊れたビニール傘を見て中山さんが思いつき、傘のパーツからこしらえたそうです。ユーモアとエコを感じました。「茶道」を伝統的なたしなみに終わらせず、今につなげていこうとする情熱もうかがえます。

茶会と聞くと、かしこまったムードを想像する人も多いでしょうが、この日はそんな重苦しさはなく、茶人から見たファッションにまつわるお話が聞けたのに加え、中山さんと山アさんの出会いエピソードも飛び出して、笑いの要素もたっぷり。お茶初心者の私もリラックスして楽しめました。

このワークショップに参加すると、根津美術館の館内も見られるので、お茶会の後は「燕子花図と夏秋渓流図」展(5月14日まで)も見て、充実のひとときを過ごしました。慌ただしい普段の生活をリセットできたうえ、時間の「濃度」を上げてもらえて、心が洗われたような気持ちになれた素敵な会でした。ありがとうございました。
















GALLARDAGALANTE
http://www.gallardagalante.com/

根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/

〜関連記事〜

「matohu(まとふ)」10周年長着茶会で味わった充実した時間
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/180



*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2017/04/23 23:30  この記事のURL  / 

2017-18年秋冬東京コレクションまとめ










2017-18年秋冬・東京コレクション(Amazon Fashion Week TOKYO)では、レイヤード(重ね着)や異素材ミックスが着姿に深みを与えました。動きを演出するクリエーションが広がり、アシンメトリー(非対称)、スリットなどを多用。SNS映えを意識するニーズもあって、つやめいた生地、トリッキーなディテール、服の解体・再構成にも光が当たります。その一方で英国趣味やテーラーリング手法を取り入れたスーツ、セットアップが増えています。全体に感じられたのは、突飛なアイデアや短命なトレンドを仕掛けるのではなく、持ち味やスタンスを作品に落とし込む取り組みでした。

宮田理江のランウェイ解読「2017-18年秋冬東京コレクション〜Vol.40」

http://www.apparel-web.com/column/miyata/2017aw_tokyo.html




*************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪
 2017/04/10 00:30  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
宮田理江(みやたりえ)
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。

コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/riemiyata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード


更新順ブログ一覧